2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モルモットの採尿方法 ~梅ハルしおん家の場合 - 2016.06.23 Thu

そう言えば以前は「血尿!」ってなったとき、おしっこ採るのにすごく苦労してました。

以前、ヒロさんのブログでもるーさんの採尿方法が紹介されたことがあり
 
もるーさんの採尿方法はこちら

試してみましたが、もるーさんと違って行動パターンが読めないわが家のガールズ、

なかなかうまくいきませんでした。

で、試行錯誤を重ねて行きついたのがこちら、「採尿室」の起用

モルモットの採尿1

ドンキで¥500~600くらいだったと思います。

中に敷いているのは「シャトルケージ60」の金網すのこ。ピッタリです。

衣装ケースの中をアルコール除菌のウェットティッシュで拭いて

出来るだけ無菌に近い状態を作ります。

おモル様のお尻周りをウェットティッシュでキレイに拭き、

(お尻を拭く時は刺激の少ないアルコールフリーのウェットティッシュで)

おやつと共に「採尿室」に入って頂きます。

本日のおモル様は採尿室デビューの


ハルちんでし!
モルモットの採尿2


本日のおやつは今年初物のすいか。


今日はここで食べるでし?
モルモットの採尿3

排尿痛がある時はどうしても排泄の時に気張るので

おしっこだけじゃなくてウンチも一緒に出ちゃうことが多いのですが、

ウンチが入っちゃうと尿に大腸菌が混じってしまうため、

膀胱の中に細菌がいるかどうかの正しい判断が出来ません。

モルモットの採尿4

この日、1回目の試みはおしっこと同時にウンチも出ちゃって失敗。

モルモットの採尿5

床をキレイにして、床と金網をもう一度除菌して、ピーマンで仕切直し。

モルモットの採尿6

おしっこが出たら、その上にウンチをされる前にハルちんを移動するべく、

飼い主は床に這いつくばってシッコの瞬間待ち。

採尿室デビュー戦のハルちん、なかなかちーが出ず、


ウロウロ…
モルモットの採尿7

おやつのおかわりを要求。


クレクレ…
モルモットの採尿8

…とその時、

シャーっとおしっこが出たので、即座に金網をスライドしてハルちんを移動。

おしっこの水溜りの安全(?)を確保してから、シリンジでおしっこをチュー。

無事、採尿できました♪

モルモットの採尿9

ハルちん、お疲れ様。


にへっ。
モルモットの採尿10

以前はキャリーをキレイにして採尿してましたが、ちーが出たタイミングが見えにくく、

ウンチが入ってしまうことが多くて苦労したので、「採尿室」起用にいたりました。

フローリングなどの床の上でしたものを採るのも悪くはないそうですが、

もし床の上に雑菌があればやっぱり混入してしまいます。

精密検査ではない一般の尿検査では、細菌は種類ではなく、数で判断されるそうです。

ただ、おやつで刺激してという採尿方法だと、

何度もやり直した場合、おしっこが薄くなる傾向があるようです。

わが家の場合は細菌の有無を調べるための尿検査なのでそれでも良いのですが、

おしっこの濃度が重要な検査の場合は

最初の尿じゃないと正確にはわからないかもしれません。



以上、わが家の採尿方法のご紹介でした。





ねばった方がおやつがいっぱいもらえるれしね。うしし♪
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村

今週、結石があることがわかったハルちん、お薬も良い子で飲んで、頑張ってます。
若干食が細くはなっているけれど、ウンチは良好で、今のところ大きな副作用は出ていません。
今後のことも色々考えて、大体の方向性が決まりました。

治療方針にはいろんな考え方があると思います。
しおんちゃんの時は、悩みに悩んで、迷いに迷って、最終的には、看護士さんを含む何人かの方が下さった、「ずっと一緒にいる飼い主が感じることが一番正しい」という言葉に力を得て選択しました。
ハルちんのことも、知り得た情報を熟考して、祈り、ハルちんにとって一番良いと感じた形を選んでいきたいと思います。

命に関わる選択を、自信をもってすることなど無理なので、しおんちゃんの時のことを振り返っても、「選ぶ」というところが一番きつかったです。
ハルちんのことも、「選ぶ」というところの初めの一歩が踏み出せたことで、飼い主、自分の生活も少しずつ通常営業に戻りつつあります。

ハルちんが仔モルで病気だった時、何人もの方のブログの記録にとても助けられました。
今回の一連のことでも、ブログや掲示板を通してお友だちになった方々からの助けは計り知れないです。
しおんちゃんの時は、途中でつらくなっちゃって記録を載せるのを止めちゃいましたが、ハルちんの記録はちゃんと載せて行こうと思います。
ハルちんは他のモルちゃんたちの記録でいっぱい助けられてきた子ですから。
拙い記録ではありますが、あたたかく見守って頂けたら嬉しいです。


スポンサーサイト

梅ハルのカルテ♪ - 2012.05.16 Wed

前回、別荘を新築した梅ハルですが、どうもその後¥~|<^*?)’&>%$#”!ごにょごにょ…



…というわけで(ってどういうわけだ?)、別荘絡みの続きはまたの機会にして、今日は今まで書いてなかった梅ハルの通院記録を備忘のために記しておこうと思います。



梅ちゃんは昨年、膀胱炎で2度通院しています。
1度目は生後4ヶ月を過ぎたばかりの2011年GW。
牧草がピンクに汚れていたので抱っこして拭いてみたら血尿が出てました。
梅ハルのカルテ1
排尿時に目を見開いてキュウキュウ鳴き、頻繁に排尿の姿勢をとるも、実際にちっこは出ていません。お水もほとんど飲まなくなりました。
ハルの病気で獣医さんのはしごをするも、結局まだかかりつけの先生を見つけられていなくて、ハルの対症療法のお薬を処方してくれた近所の先生に診てもらいました。
モルに抗生物質を使うことの難しさを全く知らなかった頃でしたが、幸運なことにつらい副作用はなく、無事にお薬が効きました。
注射+1週間の投薬で完治。



2度目の膀胱炎はその約4ヵ月後の8月下旬でした。
最初の通院時、先生が注射を失敗して(!)梅ちゃんに可哀想な思いをさせたので、2度目の時はモルの掲示板で紹介して頂いたエキゾ専門医を受診。
梅ハルのカルテ2
お口の診察のためにモルをタオルでくるみます。
ここの病院ではまず最初に口の中を診て、ちゃんと食べられているかどうかをチェックします。
モルは食べたものをすぐには呑み込まず、口の奥の方にためておくので、口の中を見ればちゃんと食べられているかどうかすぐにわかるのだそうです。



若いのに短期間に2度目の症状だったので、結石がないかどうかレントゲンでチェックしてもらい、問題なし。
「お薬を飲めば十分、注射は余計なストレスになるから」という理由で内服のみ。
しかも、おいしく飲めるように工夫されたお薬で、おかわりを要求するほどでした
梅ハルのカルテ3
注射を失敗した最初の先生には、若モルの結石を伴わない膀胱炎だけっていうのはあまりないケース、と言われたのですが、皆さんのブログを拝見していると、モルの膀胱炎って実は結構多い症状なんですね。
床材にしている牧草を食べていると膀胱炎になりやすいと聞いたことがあったのでEPCの先生に相談してみたところ、ちゃんと毎日取り換えていればそれが直接的に原因になることは考えにくいというお答えでした。
ウチではハジラミ以来半年くらいは、床材に牧草とスーパーエコシーツを半々くらいの割合で使っていましたが、梅ちゃんのちっこ量だとエコシーツがしっとりしちゃうことが多いので、最近はバミューダ敷きに落ち着いています。
牧草敷きの方がモルたちは断然嬉しいみたいですね。
2ケージ分毎日交換すると、ゴミの量がハンパないんですけど(^_^;)



梅ちゃん2度目の膀胱炎での通院と時を同じくしてハルが鼻水を出していて、何度か咳き込んでいるのも見たので心配になり、一緒に通院。
幼少時の呼吸器疾患が再発したかも…と思ってアセりました。
梅ちゃん同様、まずはお口の診察。
タオルにくるまれ、まるでネズミ小僧のようになったハル。
梅ハルのカルテ4
診察の結果、心音も呼吸音もきれいなので心配はなく、鼻水はエアコンで若干風邪っぽいのかもしれないけど心配するほどの状態ではないのでお薬は飲まなくて大丈夫、という嬉しい取り越し苦労でした。
一番心配した咳き込みですが、どうやら発情してうるるるる~を連発しすぎて咳き込んでいただけみたいでした。(人騒がせなっ!!)
この日も、診察台から私に向かって「うるるるる~」をやってて、先生に笑われてました



幼少時の真菌のこともあるし、この2週間ほど前、梅ちゃんのハジラミ騒動でお薬をしているので、梅ハル共に皮膚の検査もしてもらいました。
結果、ハジラミも真菌も問題なし
ハルは目の周りに白いかさぶたみたいなのがついていることがよくあって、真菌が完治していないのかも…と気になっていたのですが、「フケ」だそうで、心配するようなものではないということでした。
梅ハルカルテ5
「フケ」と言ってもヒトのフケのようにサラサラ取れなくて、渇いた目やにがかさぶたみたいにくっついてる感じなんです。
この写真、目の周りにフケが出てカピカピしてます。(写真だとイマイチわかりにくいんですけど)
飼い主、かさぶたを剥くことに目がないもんで、カピカピしてるとつい手を出したくなってしまい、ハルの前歯指導が入ります(^_^;)



ハルの危険信号はすぐ鼻水に出ます。
最初は、やっぱり病気の仔モルだったから体弱いのかな…と心配しましたが、弱いところが目につくことで早々に対処が出来、悪化を防ぐことが出来ることに気づきました。
見方を変えれば、弱点は強みなんですね







おちゅーしゃがんばった梅と ひとさわがせなハルちんにポチしてねー♪
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール


梅♀

2010年12月生まれ

もん♂

2016年10月生まれ

ルル♂(実家モル) 
2011年1月生まれ



~虹の橋在住のお子たち~

ハル♂

2011年1月生まれ
2016年11月17日
     虹の橋にお引っ越し

しおん♀

2013年4月6日生まれ
2016年6月12日
     虹の橋にお引っ越し

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

『もるもっとのうた』 (1)
梅ちゃん (73)
ハルちん (137)
梅&ハル (33)
しおんちゃん (61)
梅&しおん (54)
梅ハルしおん (44)
ハル&しおん (5)
+ルルちん (20)
病気・通院 (2)
ハルちんの結石 (12)
梅ちゃんの軟便 (3)
モルモットハジラミ (1)
足の裏のモンダイ (3)
マイボーム腺炎 (5)
膀胱炎 (2)
しおんちゃんの血尿 (11)
抗生物質の副作用 (4)
結膜炎 (1)
膿瘍 (5)
白内障 (3)
梅ちゃんの血尿 (4)
しおんちゃんの闘病生活 (27)
乳腺手術(梅&ルル) (15)
うっ滞 (5)
健康診断 (21)
おうち (33)
部屋んぽ・別荘 (22)
ごはん (7)
ケア・お風呂 (12)
体重測定 (45)
チャッピーちゃん (1)
おともだち (21)
井の頭モルちゃん (4)
番外編 (3)
梅ちゃん&もんちゃん (3)
もんちゃん (24)
梅ちゃんの嚢胞 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。