FC2ブログ
2018/05/03

長く続いた血尿のこと

≪備忘録≫



生後4ヶ月で初めて膀胱炎になってから、梅ちゃん、調子が下がるとたまに膀胱炎になることはあった。
2歳半で膀胱炎になった時、抗生物質(バイトリル)の副作用で腸炎になってしまい、大変な思いをしたので、経口で抗生物質を使うことにとても慎重になった。
少し落ち着いて様子を見ていると、梅ちゃん、血尿が出始めると自らお水をがぶ飲みして自力で治すことが増えた。
自己治癒力、すごいなぁと感心した。若くて体力もあったからかな。

2015年10月、梅ちゃん5歳10ヶ月の頃から血尿とうっ滞を頻繁に繰り返すように。
この時始まった血尿は断続的に、頻繁に、1年以上続く。
メモを振り返ってみると、平均毎月2回くらいの頻度、回復までには数日~10日くらいのペースで繰り返している。
検査をすると、細菌+。感染性膀胱炎なんだろうけど、急激に悪化もしない。
排尿痛・頻尿があることもあったけど、多くの場合はそれほどでもなく。
ただ、スッキリ治らずにちょびちょび長引く血尿。

抗生物質は使いたくなかったけど、あまりに長引くので心配になり、お薬を使って完治を試みることに。
レボフロキサシンとビクタスを使ってみた。
バイトリルの時のようなひどい状態にはならなかったけど、やっぱり副作用(食欲減少)は緩やかに出るし、薬の効果も今ひとつ。
お薬を使っても状態が変わらないということは、感染性ではなくて、もしかして婦人科系?という疑惑が浮上。
6歳になった2016年末、両腿外側におハゲが出来て検査したところ、卵巣に嚢胞が見つかる。
卵巣を病んでいる子は子宮も病んでいることが多いそうだ。
出血は子宮からなのか?

血尿がようやく治まったのは2017年1月。
1年以上続いたこの血尿、結果的にはやっぱり膀胱炎だったんだと思う。
この期間のわが家の動きを振り返ると、しおんちゃんが急激に悪化してガッツリ闘病が始まった2か月後~ハルちんをお見送りした2か月後まで、1年3ヶ月続いた闘病期間と少しの時間差でピッタリ重なる。
表向き普通に過ごしてくれていた梅ちゃんだけど、普通じゃない周りの動きに対して感じていたストレスは相当なもので、ストレスから免疫力が低下してすぐに菌に負けて膀胱炎になっちゃう状態が続いていたのではと考える。

梅ちゃんの状態が一番落ち込んだのはハルちんを見送った後。
2ヶ月半くらいは本当につらそうで、お顔の表情もいつもの梅ちゃんじゃなくなって、後を追って行ってしまうんじゃないかと本気で心配した。
マイペースでわが道を行くタイプの図図モル梅ちゃんだけど、家族の状態は大いに影響していたんだなぁと改めて思う。
ハルしおんがいなくなっちゃったことは、梅ちゃんにとって、もしかしたら私以上につらかったのかもしれない。

すぐにもんちゃんがウチに来て、沈んだわが家の空気なんかお構いなしにハチャハチャしまくるもんちゃんに梅ちゃんがイラッとして、結果的にはそのイラッと感が起爆剤になったみたい。
まったく空気を読まないハチャハチャ炸裂のもんちゃんに飼い主が元気をもらったことも大きかったのかな。


梅:こっち来ないでくれし!
お正月2
も:なんでですかー?


自分自身も経験のある膀胱炎。
症状が出たらみるみる悪化して、早くお薬を飲まないと大変な事になる。
モルモットの膀胱炎も同じだと最初は思っていたけど、梅ちゃんの膀胱炎を何度も見て来て、少し違いがあるかもしれないと思うようになった。
医学的な見解ではなく、一飼い主としての、あくまで梅ちゃんのケースでの印象だけど。
お薬に対する感受性が強くてリスクが高いけど、ニンゲン(というか、私)と比べると自己治癒力も高い。
すぐに薬を投与するより、免疫力が上がるように助けてあげて自力で治癒へと導く方が効果的な場合もある。
細菌+くらいなら、梅ちゃんの場合は自力で頑張れることの方が多いので、本モル食べて飲めてたら、まずはおしっこだけ持って行って検査。
もちろん、待ってちゃダメで、すぐに対処が必要な場合もあるとは思うけど。
その判断はその子、その時で変わって来るのが難しいところ。





≪モルモット 膀胱炎≫






にほんブログ村




スポンサーサイト
2013/07/06

再び血尿。

でも、ちゃんと回復してますので安心して読んでくださいね!^▽^

備忘録として書かせていただきます。



木曜日。

もるーさんが血尿で通院している連絡をヒロさんから受けました。

心配しながら経過を気にしていたその晩に、梅ちゃんも再び血尿。

もるーさんの通院の経過を聞いていたおかげで

私も焦らずに経過を観察することが出来ました。

再び血尿1

2週間前に血尿で通院

膀胱炎の診断でバイトリル1週間分が処方されたものの

投薬4日目で副作用が出て、その後下痢になったり

不調が続き、心配しました。

なので、抗生物質を使う治療はなんとか避けたいところ。

再び血尿2

以下、経過の詳細です。

7/3 エアコンが新しくなり、前のものよりもずいぶん利きが良く、しおんちゃんがエアコン風で風邪っぽくなり、くしゃみと鼻水。ハルちんもすぐ鼻水を出すので、モルの置き場所を変更。梅ちゃんは寒がりではないけど、ハル&しおんがお隣同士だと何かと騒々しいので(^^;)ふたりの間に梅ちゃんを置いて中和。

7/4 帰宅して、夕方気が付くと給水ボトルが空っぽに。前日は夜にお掃除しているので20時間と経たずに350mlを飲んでしまった計算。

7/5 日付が変わってすぐの0:30am 血尿確認。排尿痛はほとんどない様子。抗生物質は使いたくないので、レタスとピーマン、快気祝いに買っていた生牧草を多めにあげる。ピーマンはいつもほど吸い込まれていかないものの、生牧草は白目をむいて大喜びで食べる。
翌朝、飲水量が通常に戻り、食餌も日常通り。採尿して検査紙で検査してみると潜血反応は出ず。念のため病院に電話をして、抗生剤を使いたくない旨を伝え、他に処置方法があればと思って指示を仰ぐ。痛みが無く、問題なく食べて飲んでいて、簡易検査でも潜血反応が無いようであればそのまましばらく様子を見るように言われる。

再び血尿3

昨日、今日と見ていますが梅ちゃんの様子に変わりはなく、いたって普段通り。

どうやら自然治癒したようです。

前回と症状の出方はそっくりで、レントゲンで結石が無いことを確認済みなので

おそらく膀胱炎に間違いないと思います。

前回記事のコメントで自然治癒した経験を拝読し

梅ちゃんも排尿痛は間もなく無くなっていたのだし、回復傾向にあったので

あわてて抗生剤を投与して副作用で苦しい思いをさせるより

もう少し様子を見ればよかったと後悔しました。

なので、今回は焦らずじっとガマンで様子を見て大正解でした。

再び血尿4
※具合悪いお写真じゃないので大丈夫ですよ~^^


もるーさんのケースとよく似ているのですが

前の晩に置き場所を変えたことが原因だったかもしれません。

ウチの子たちの中では一番暑がりの梅ちゃん

病みあがりの身体には前の晩の湿度と気温がこたえたのかもしれません。

でも、自分で身体の変調に気が付いてたくさんお水を飲み

菌を身体から出そうとする梅ちゃんに改めて驚きました。

普段からお水呑兵衛ではあるけれど、ボトルが空っぽになったのは初めて。

抗生剤が難しい分、モルにはちゃんと自然治癒する力が与えられているのだと思いました。

結石など、緊急を要する状態であるかどうかを検査することは大切だと思いますが

副作用のリスクが思いのほか高い抗生剤を投与することに対しては

注意深く観察しながら慎重になっても良いのかもしれないと学びました。



それにしても、あまりのタイミングにビックリ。

一緒になるとつかず離れず

仲良し~!!って感じにはなかなかなれないもるーさん&梅ちゃんですが

こんなところでは以心伝心つながっているの??

と不思議な気持ちになった飼い主でした。

血尿も一緒♪

自然治癒で回復も一緒♪♪

キミたち、もしかして双子!?(笑





梅、もうすっかりお元気れしよ♪
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村
2013/06/20

梅ちゃん血尿。

昨夜、梅ちゃんが血尿を出しました。

梅ちゃん血尿1

いつもなら、しおんちゃんが近寄りすぎると

あっち行けアピールのチュンをする梅ちゃんですが

昨夜はめずらしく小さいおうちにふたり一緒に寝ていてました。

梅ちゃん血尿2

梅ちゃんがおうちに戻った後、見ると

部屋んぽシーツに真っ赤なちっこが付いてました。

血尿の出始めは排尿痛も少しあったらしく

小さくキュウキュウ鳴くのを2度ほど聞きましたが

その後1時間ほど様子を見ていて

お水をいつも以上によく飲み、ごはんも牧草もモリモリ食べ

痛みや苦痛がある様子が認められなくなったので

夜間救急で他の病院に行くのではなく

朝一でかかりつけに受診することに。

梅ちゃん血尿3

今朝は排尿痛がある様子はなく、飲、食ともに異常なし。

見た目には普通のちっこになっていたけれど、採尿して持参。

尿検査の結果、潜血あり。

タンパクの値も高いので、膀胱炎と診断。

結石の有無を触診で念入りにチェック。

結石はナシ。

ふれ合いモルを診ている先生で、結石があると触診でわかるそうです。

梅ちゃん血尿4

抗生剤1週間分が処方されました。

3日経っても症状が改善しない場合は再度通院してレントゲンを撮ることに。

お薬を朝晩1日2回、3日以内に症状が改善されれば

そのままお薬を1週間続けて、1週間後に再通院して尿検査。





考えられる原因はアリアリです。

しおんちゃんをお迎えして生活がガラッと変わり

ストレスで免疫力が低下したのだと思います。

梅ちゃん血尿5

ふたり、いつも一緒にいたがるので同居を試みたり

部屋んぽもしおんちゃんに合わせて今までとはガラッとスタイルが変わったり…

ひとり暮らしの長かった梅ちゃん。

しかも中年(^^;

楽しんでいるように見えても

変化そのものがストレスだったに違いありません。



梅ちゃん、生後4か月の頃に一度膀胱炎をしています。

生後半年くらいから飲水量がぐっと増え

それが軟便の原因だから、飲水量をコントロールするように

と勧めたお医者さんもいたけれど

今の先生からは、身体が自然に欲するものは与えなさいと言われていました。

初めて膀胱炎になった時にはお水をパタッと飲まなくなり

激しい排尿痛で食欲も減退。

病院に行くまでがとてもつらい時間になりました。

今回は血尿が始まったら飲水量が激増。

そのせいか、排尿痛もひどくならずに済みました。

誰に教わるでもなく、自らの治癒力で出来る最大限のことをしっかりしている梅ちゃん。

飼い主、感心しきりでした。





病院から帰宅後、1回目お薬服用。

しばらく休むと元気復活。

外に出たがったので久しぶりにリビング全面を開放し

しおんちゃんが来る前のようなひとり部屋んぽに出してみると

梅ちゃん血尿6

すかさず『らいおん邸』のお気に入りの一番左奥スポットでコテン。


極楽れし~。
梅ちゃん血尿7

その後、リビングを縦横無尽に走り回ってました。

良かった。

元気だ♪^▽^w



あとは抗生剤の副作用が出ないことをひたすら祈ります。



梅ちゃん、ガンバレ!!





がんばるれしー。
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村