2018-07

梅ちゃんの白内障 - 2018.05.07 Mon

≪備忘録≫





2016年3月、梅ちゃん5歳3ヶ月、白内障が出てきていると診断が下る。
その後、点眼治療を始めたけど、毎日4~5回の点眼は思いのほか梅ちゃんの負担になる。
ネットでいろいろ調べ、先輩モル飼いさんたちの経験を伺ってみたところ、モルモットの白内障で点眼治療はほとんど効果の上がった実績がないこと、モルモットの視力は元々そんなに良くはないから視力にそれほど頼っていないので、見えなくなっちゃっても不自由なく普通に生活出来ることがわかり、1ヶ月で点眼は中止。

白内障が進むと目が白濁すると言われた。
梅ちゃん、診断が下った4ヶ月後のお写真。

貫禄5

普通に見れば黒い目なんだけど、角度によって表面に白い膜が張って反射しているように見える。

診断から2年2ヶ月後の今も、見るからに白濁はしていない。
角度によっては白く反射している、という程度。
見た目に大きな変化はないのだけれど、徐々に視力が落ちてきている様子が見られるように。
以下、経緯。

2017年夏ごろ
記録を付けていなかったのではっきりいつだったか覚えてないけど、多分6歳半くらいの頃、部屋んぽからケージに帰るときに、入り口のステップの前を行ったり来たりして身体で距離を測って、入り口の向きを確認してからジャンプするようになった。

同じ頃、お掃除の最中に椅子の脚と脚の間に金網を立てかけておいたら、梅ちゃんが走って金網に突進しちゃったこともあった。
金網は板ではないので光を通す。
おそらく光や色は見えるけど、物の輪郭ははっきり見えなくなっていたのかな。

2017年冬
7歳になった頃から、お掃除中も部屋んぽしたがらなくなる。
足腰はまだ大丈夫で、ケージの中ではよく動き回るけど、部屋んぽに出るとあまり動かない。
広い所は不安なようで、勝手がわかっているスペースの中で過ごしたいみたいだ。

視力が落ちて気付いたこと。
生活空間をいじってはいけない。
同じ部屋の中でもケージの場所を変えてしまうと匂いや空気の流れ方が変わってしまう。
見えない分、匂いと気配に頼って暮らしているので、小さな変化が想像以上にストレスになるみたい。

そして多分、梅ちゃん、耳もあんまり聞こえていないと思う。
梅ちゃんは音にとても敏感で、以前はちょっとした音(聴きなれない音や大きな音)にもびっくりして白目をむいて固まる子だったのに、いつ頃からか、音に対してほとんど反応しなくなって、御年を召して肝っ玉据わったんだなーと思っていたんだけど。

数週間前、お掃除の後、誤って高い位置からコロコロのカバーを梅ちゃんのケージの天井に落としてしまったことがあった。
大きな音がして、部屋の反対側にいたもんちゃんは一瞬パニクったけど、当のケージ内にいる梅ちゃんはピクリとも動かずに平然と草を食べ続けていた。

もともと名前を呼んだら反応するタイプではなかったし、耳の聞こえが悪くなったなんて思ってもみなかったから、いつからなのかよくわからない。

しおんちゃんとハルちんが闘病してた間に少しずつ変化してたのだと思う。

梅ちゃんの白内障

少し前、鳥飼いのお友だちが「うちの鳥の老いじたく」という本を貸してくれた。
わが家は鳥ではないけど、老いと向き合うということでは共通点が多いからと。
その本でとても印象に残った言葉がある。
鳥は出来なくなったことに悩まない。
ただ受け入れて、その範囲で生活するようになる、と。

視力が落ちてきたことを感じ始めた頃、梅ちゃんを見ていて不憫に思ったりしたこともあった。
そう言われてみれば確かに、急に何かが出来なくなった時、一瞬の驚きと戸惑いはあるんだけど、すぐに受け入れ、新しい状態に順応していく強さを持っていることを知った。

梅ちゃんの白内障2

最近どんどんお顔の表情が穏やかになっていく梅ちゃん。
よく見えないし、よく聞こえないので、警戒することや怖いと感じることが少なくなって、以前よりも平安な気持ちで暮らしているのかもしれない。
あたたかくなっておなかの調子も安定してきて、今まで見たことないようなイイお顔してるなぁという日が増えた今日この頃。
細かいことにくよくよせず、人生達観した感じ。
ちょっとしたことでオタオタしている自分を振り返り、「先輩、その人生観、よろしくご教授ください!」ってお願いしたい気持ちになる(笑





≪モルモット 白内障≫





教授料はフリフリレタスで手を打つれしよ♪

にほんブログ村




スポンサーサイト

やめちゃいました。 - 2016.04.04 Mon

梅ちゃんの目薬。
白内障の点眼を1ヶ月、毎日4~5回頑張りましたが、2週間を過ぎたあたりから梅ちゃんのストレスが顕著になり、今の体調、点眼の効果とリスクを考慮しての結論です。

梅ちゃんは過去に、マイボーム腺炎の時と外傷性結膜炎の時に点眼を経験していますが、いずれも朝晩2回を1週間で終了しています。
今回も最初の2週間はまずまず協力的でしたが、回数が多いのと、終わりなく毎日続くのとで、ホントにイヤれし!アピールが出たのだと思います。

シニアモルちゃんに白内障は珍しくないそうです。
目がだんだん白濁して、ゆくゆくは視力を失います。
モルモットの白内障に手術の選択肢はありません。
点眼の効果も、ネットで調べる限りでは頼りないものですが、放置すれば白濁は避けられないので、何もしないよりは…という考え方なのだと思います。

モル飼育経験の豊富な飼い主さん数名にご経験をお伺いしたところ、点眼治療をした、という方はいらっしゃいませんでした。
視力を失っても生活には全く問題ナシ、群れでも一番威張っていてボスだったりもしたとのお話を伺い、ゆくゆく見えなくなっていくストレスより、毎日の点眼のストレスの方が梅ちゃんには負担が大きいのではないかと判断しました。


今年もモルノエンドウの季節れし。
もるのえんどう

旬の野草を堪能される梅嬢(^^)v
実はこのお写真は3年前のもの。
最近の梅ちゃんは、食べる時に全身を使って食べるので、どんなに頑張っても残像ばかりのブレブレお写真しか撮れません。
以前から、ハルちんと比べるとブレブレ傾向にはありましたが、最近はブレ方がハンパないのです。
最初は全身でオイシイを語りながら食べるその勢いを笑いながら見ていましたが、そういえばこの数か月、1番刈りをあまり食べなくなった事ともしかして関係ある?とふと気付きました。

昨年10月に食うっ滞をしたのをきっかけに、梅ちゃん、うっ滞を何度か繰り返し、少量の出血がずっと続いています。
検査と経過観察から慢性膀胱炎だろうと見ていますが、お薬は効きません。
これもシニアモルちゃんには珍しくない症状だそうです。
幸い感染はないので、頓服の痛み止めとおなかの薬で対症療法をしています。

部屋んぽもほとんどしなくなりました。体力が少し落ちたのかもしれません。
身体の小さいモルモットにとって、自分の身体よりも大きい(長い)ごはんを食べるというのはとても体力のいる作業だと思うのです。
お野菜や野草を食べる時も全身の力を使って頑張って食べてるんだなぁと気付いたら、笑って見ていた自分を猛反省です。
ガンバレ、ガンバレ!頑張って、オイシイしよう、梅ちゃん。
そう思ったら、お写真を撮ったり邪魔をせず、ゆっくり味わって食べてもらいたいと思うようになりました。
なので、これからは、食べてるお姿は若かりし頃の…が登場する予定(^^)v


ボクもはくないしょーなの。
やめちゃいました2

梅ちゃんと時をほぼ同じくして、ルルちんも白内障であることが判明。
ルルちんは術後1年の経過観察(転移の有無の確認)で健診もしてもらっているので梅ハルしおんとは別の先生ですが、治療は特に勧められなかったとのこと。
それでも、梅ちゃんと同じお薬を一応出してもらって試しましたが、この方、お文句王子、暴れてしまって点眼自体が無理なので、「やめちゃいました」と言うよりは不戦敗(^^;
ルルちんは食欲黒豆バッチリでお元気に過ごしています!





ボクははくないしょーじゃないけど、お目目がとびだしてるからてんがんはむりだよ~ふひっ
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村


梅ちゃんの白内障、追記 - 2016.03.10 Thu

梅ちゃんの白内障、点眼治療についての追記です。

前回、約1ヵ月分ということで頂いたお薬がなんと10日で終わっちゃいまして。

多分、私が無意識に力むもんで、お薬のボトルを握る手にギュッと力が入り、

1滴がすごく大粒になっちゃったのではないかと(^^;

というわけで、今回は後発会社のたっぷり入っているタイプのお薬が出ました。

これなら1ヶ月もつかな?(笑


用量は前回のと同じで容量は3倍。
梅ちゃん再通院4

白内障の点眼は1日3回以上、ということなのですが、もう一度詳しく確認したところ、

ベストなのは1日5回くらい、日中2時間おきくらいに垂らしてあげるのが望ましいそうです。

白内障は紫外線によって進行するそうなので、

日中、紫外線があるときに目の表面にお薬で幕を張ってあげるという考え方だそうです。

1日4回、等間隔で朝昼夕ごはんの時と寝る前、と思ってやってましたが、

それよりも日中に集中して頻繁にしてあげた方が効果的だそうです。

この先ずっと2時間おきにお薬って、現実的に考えて毎日は難しいですが、

外出は最小限でなるべく在宅して、出来る日は頑張ろうと思います。


ぽっちんはちっとも楽しくないれしけど・・・
梅ちゃん再通院5
よろしくれしよ。

梅ちゃんの白内障。 - 2016.03.09 Wed

梅ちゃん、血尿で通院の際、健診も一緒にお願いしました。

梅ちゃんのお薬4

歯はとてもキレイ。おなかも良好。動きもよく、お元気もあってバッチリですが、

お目目に白内障が出てきているようです。

素人目にはまだ白濁はわかりませんが、そう言われれば、今年に入ってから

お目目がウルウルしてたり、涙の跡を見つけることがたまにありました。

白内障になると、本モル、まぶしく感じるようです。

モルモットの場合、点眼治療をしても、犬猫のように進行を遅らせる効果は得にくいようですが、

点眼をすると本モルが楽になるそうなので、治療を始めることにしました。

梅ちゃんのお薬3

点眼は1日3回以上。


おめめにぽちっとれし。
梅ちゃんのお薬5

点眼自体がストレスになるならちょっと考えようと思いましたが、

梅ちゃん、それほど気にしていないようです。

症状も進めばストレスも大きくなるので、この様子なら点眼は続けて行こうと思います。

梅ちゃん、ぽちっと頑張って、毎日楽に過ごそうね♪





あいれし~♪
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

梅♀

2010年12月生まれ

もん♂

2016年10月生まれ

ルル♂(実家モル) 
2011年1月生まれ

ハル♂(虹の橋在住)

2011年1月生まれ
2016年11月17日
     虹の橋にお引っ越し

しおん♀(虹の橋在住)

2013年4月6日生まれ
2016年6月12日
     虹の橋にお引っ越し


飼い主:梅ハルしおんのママ



にほんブログ村

検索フォーム


最新記事


カテゴリ

梅ちゃん (74)
ハルちん (137)
梅&ハル (33)
しおんちゃん (61)
梅&しおん (54)
梅ハルしおん (44)
ハル&しおん (5)
+ルルちん (20)
病気・通院 (2)
ハルちんの結石 (12)
梅ちゃんの軟便 (3)
モルモットハジラミ (1)
足の裏のモンダイ (3)
マイボーム腺炎 (5)
膀胱炎 (3)
しおんちゃんの血尿 (11)
抗生物質の副作用 (4)
結膜炎 (1)
膿瘍 (5)
白内障 (4)
梅ちゃんの血尿 (4)
しおんちゃんの闘病生活 (27)
乳腺手術(梅&ルル) (15)
うっ滞 (6)
健康診断 (21)
おうち (33)
部屋んぽ・別荘 (22)
ごはん (7)
ケア・お風呂 (12)
体重測定 (45)
チャッピーちゃん (1)
『もるもっとのうた』 (2)
おともだち (21)
井の頭モルちゃん (4)
番外編 (3)
梅ちゃん&もんちゃん (6)
もんちゃん (31)
梅ちゃんの嚢胞 (2)
健康の記録 (0)
ルルちんの腫瘍 (1)
虹モルたちの想い出 (2)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ