FC2ブログ
2018/05/08

ルルちんの腫瘍

実家モルのルルちん、7歳4ヶ月になりました。


お久しぶりでしゅ。ルルでしゅよー。
ルルちんの腫瘍1

4歳半で乳腺手術をした以外は病気知らずのお元気ちゃんでした。

というか、今もお元気ちゃんに変わりはないのですが、

ルルちんの腫瘍2

ルルちんの腫瘍3

脇腹に腫瘍ができてしまいました。

気付いたのは今年の3月、もうすぐ7歳3ヶ月になろうという頃。

思えば昨年末あたりから寝んねするときの姿勢が変わったのです。

あの頃にはすでにしこりができていて、違和感があったのかもしれません。

もともとこの場所、1年以上前からおハゲになっていて、最初は左右対称におハゲだったので、ホルモンバランスの変化ではないかと先生には言われていました。

その後、右側は毛が生えてきたのですが、左はピンクのまんま。

でも痛みもかゆみもなく、本モルも気にしていなかったので、あまり気にかけていませんでした。

3月後半のある日、お腹を拭いている時にポッコリ膨らんでいるのに気づき、ギョッとしてすぐに通院。

大きさは2.5×3.5㎝くらい。

腫瘍ではあるけれど、組織に癒着している感じはなく、つまめて動かせるので、悪性の可能性は低いそうです。

大きいので、モルワッサンで眠れない、あんよでお顔を掻きたいときに腫瘍が邪魔であんよがお顔に届かない、という不便さがありましたが、しばらくして、あんよをもう一息頑張って伸ばせば届くことに気付いたみたいで、最近はちゃんと掻き掻き出来るようになってます。


上手にカキカキできるでしゅー。
ルルちんの腫瘍4

モルワッサンで寝んねはいまだにダメで、


ぺちょーん。
ルルちんの腫瘍6

延べ棒のように伸びて寝んねするのが常になってます。

左側モルワッサン派だったルルちん。

左がダメなら右モルワッサンにすればいいのにって思うんだけど、しっくりくる向きって決まってるのかもしれないですね。



QOLはバッチリ保てているので、御年と体力、悪性の可能性が低いことを考えて、手術はしないことにしました。

良性腫瘍のリスクは合併症。

このまま合併症が出る事なく穏便に過ごしていければいいなと思います。



年齢とともにゆっくり時間をかけてじわじわと体重が減り、今は825g。

若い頃は1300g以上あった子なので、だいぶ小さくなりましたが、食欲が落ちることはなく、食べる勢いもまったく衰えません。

そして、年と共にどんどん小さくなっているウンチですが、その数が見事!

キレイにそろった小さな俵型のウンチが満点の星空のごとくちりばめられていて惚れ惚れします(笑

まかない担当のおとーちゃんがキッチンに姿を見せると、


・・・・・・。
ルルちんの腫瘍5

いまだ現役でお仕事(野菜のおねだり)に従事しております。

しかし、その働きぶりがご長寿の貫禄。

プイーンと一声鳴いて「時間だよー」と知らせた後は、キッチン寄りのこの角っこでジッとおとーちゃんを見つめながらひたすら、待つ。

ハチャハチャ走り回って大騒ぎするもんちゃんのアピールスタイルよりもよっぽど飼い主に圧をかける効果あり(笑

ある意味、仙人の領域ですな。





≪モルモット 腫瘍 良性≫






にほんブログ村




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。