2015-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルルちん抜糸終わりました♪ - 2015.06.30 Tue

6月15日の手術から11日目の6月26日に半分抜糸をし、

術後2週間の昨日、残りの半分の抜糸もすべて無事終わりました。


終わったでしゅ♪
ルルちん抜糸終わりました1

ルルちんは術後1週間点滴注射に通いました。

お元気は復活してもなかなか食が戻ず、ウンチも出なくて心配しましたが、

注射が終わった翌々日から、ようやくモリモリプリプリが再開。

注射通いがやはり相当なストレスになっていたのではないかと思われます。

時期的にも化膿のリスクが高いので抗生は使った方が安心という理由での選択でしたが、

2モルの術後を経験してみて、注射のリスクは、特に皮下点滴注射の場合は、

打った後、皮下に入ったお薬が吸収されてなくなるのに3時間くらいかかり、

その間ずっと違和感があるままなので、

本モルへのストレスはかなりのものであることを実感しました。

化膿のリスクは怖いですが、食べないリスクはもっと怖いです。

化膿を怖がらず、抗生はナシで、という極端な事を言うつもりはありませんが、

まずはモグモグプリプリを確保することが一番大切なのだと痛感しました。


お元気になったでしゅ♪
ルルちん抜糸終わりました2

術後、体重は1260g前後をキープしていたルルちんですが、

モグモグプリプリが再開し、腸の動きが活発になったら、

やっぱり少し体重が減っていることが判明。

腸の流れが悪くなっていると、食べたものが腸に停滞するので、

数字は安定して見えますが、本当の体重は見えないのですね。

昨日、全抜糸時の体重は1180g。

術前は1300gくらいあったルルちんなので、

これからいっぱいモグモグして、ベスト体重に戻ろうね。



お注射通院の間の1週間はいつもイライラしていたルルちんでしたが、

ストレスから解放されて、すっかりお元気な、普段のシアワセルルちんに戻りました。

以前は怖くて行けなかった廊下にも、ひとりでトコトコお散歩するようになりました。

手術を乗り越えると強くなるのも、モルさんあるあるですね♪(^^)v



もうひとりの術後組、ルルちんの1週間後に手術を受けたこちらのお嬢さんは、


梅れしよ♪お元気れしよ!
ルルちん抜糸終わりました3

退院翌日のおちゅーしゃショックで1日飲食が停滞したことを除けば、

モグモグ、プリプリ、ゴクゴクともに、ほぼ通常営業をされております。

昨日の体重測定では1120gと、術前と全く変わらない、

というか、むしろ若干重めな数字が出てました(^^)

部屋んぽでも、いつも通りにヒラヒラ軽やかに舞っていらっしゃいますし、

お陰様で、見た目は術後であることを忘れそうなほどお元気にしています。

この時期に抗生物質を使わないことは不安でしたが、

1週間くらいする頃には薄い皮膚が張るそうなので、

自主抜糸をして傷を付けたり、ひっかいたりして二次的な傷が出来なければ、

これから化膿する可能性は極めて低いそうなので、まずは一安心です。

今週金曜日(7/3)に半抜糸、来週月曜日(7/7)に全抜糸の予定です。





ねーちゃん、まだ一緒に遊べないでち?
もーちょっとのガマンれしよ。
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

モグモグプリプリ♪ - 2015.06.27 Sat

退院翌日、お注射ショックで食べなくなっちゃって心配だった梅ちゃんですが、

翌日午後からお元気復活♪

昨日はモグモグ食べてプリプリ出せるようになりました!(^^)v

そこここにころがる黒豆さんと一緒に寝んねする梅ちゃん

病気すると毎度思いますが、何とも嬉しい光景です(笑

すとれすでち0

昨日はルルちんの抜糸(半分)と一緒に梅ちゃんお注射の予約でしたが、

お注射は中止で、梅ちゃんは通院せず、先生に言われたように

飼い主が、傷のお写真とウンチを持参しました。

朝一番、ケージを覗くと、いつもよりも小さ目ではありましたが、

粒のそろった美しい(?)黒豆がころがっているのに飼い主歓喜し、

嬉しくて思わず6粒も持参してしまいました(^^; ←1個で良いんだけど。

ペタンと座り込んでナデを要求する昨夜の梅ちゃん


ナデしてくれし~♪
モグモグプリプリ2

痛みや違和感、不快感がなくなったとういう証拠です。

あとはこのまま化膿しないで回復してくれるよう祈るばかりです。





お元気組の近況。

川の字の真ん中に陣取る梅ちゃんが入院中で不在の夜。

いつもと違う様子を察知しているハル&しおん

すとれすでち1

特にしおんさんは、ねーちゃんがいないのが不安なようで、

すとれすでち2

ずーっと梅ちゃん(がいるはずの)側の壁を見つめていました。


ねーちゃんはどこでち?
すとれすでち3

しおんさんがひそかにストレスをためているのは感じていましたが、

梅ちゃんのお注射ショックの夜に、血尿を出しました(><)

飼い主は普段通りに接しているつもりでも、

不安な気持ちを抱えているのは伝わっちゃうみたいです。

翌朝には通常ちっこに戻り、元気もありますが、

念のためお薬もらってきて飲んでます。



ねーちゃんも、もうちょっとの辛抱だから、

キミたちも頑張ろうね♪(^^)





ねーちゃん、モグモグプリプリがんばるでち!
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村

おちゅーしゃちゅーし♪ - 2015.06.25 Thu

昨日午前中、抗生物質の点滴注射に行った梅ちゃん。

大女優さん炸裂、と書きましたが、

今回は‘女優さん’じゃなくて、本モル、本気の本気でイヤだったようで、

帰宅後、パタッと飲食が止まってしまいました。

おちゅーしゃちゅーし1

点滴注射は普通の注射器ではなく、太い針でたくさんの液体が皮下に入ります。

そのため、痛みも強いし、皮下に入った液体が体内に吸収されるまでの数時間、

ずっと違和感が持続するようです。

昨日、注射から帰って来てからの梅ちゃんは、

術後間もなくの時よりもよっぽど病んだ表情で、飲食がストップしてしまい、

細々食べ出すまでに半日かかっちゃいました(><)

今朝は少し元気になってましたが、お注射は怖いので、

先生に電話して、様子を話したところ、

注射はやめましょうということになりました。

この注射は、傷の化膿を予防するためのものですが、

術後2日続けて入れてるし、食べることはもっと優先なので、

温湿度管理をきっちりして清潔を保つよう心掛け、

とりあえず、お薬はナシで様子を見ることになりました。

おちゅーしゃちゅーし2

術後、頑張って食べてくれて、かなり元気になっていたのに、

注射でここまで気持ちが落ちちゃうのは想定外でした。

「大女優さん炸裂」なんて、重くとらえていなかった自分が情けなく、

一生懸命頑張っている梅ちゃんに、とっても申し訳ない気持ちになりました。

もっともっと繊細に寄り添ってあげなくちゃと深く反省しました。



午後、ヒロさんがオイシイモノをたくさん持ってお見舞いに来てくださいました。

梅ちゃん、やっと元気が出ていつもの表情が戻り、

ヒロさんにナデ要求をするほどまで回復出来て、一安心です。

ヒロさんのやさしいお心遣いに感謝です!

おちゅーしゃちゅーし3

明日はルルちん、半分抜糸で通院します。

梅ちゃんは多分、キャリーに入ってお出かけすること自体が少々トラウマになっていると思うので、

同行はせず、傷のお写真とウンチを持って来て下さいと言われています。

今のところ、傷は問題なくキレイで、痛みもないようで、

本モル、ちっとも気にしていません。

このまま、膿んだりしないで無事回復できますように。。。





☆お写真は、手術前、‘夏休み’返上でおひざ寝んね中の梅ちゃん。





梅、気合で治すれしよ♪うひっ
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村

お注射通院♪ - 2015.06.24 Wed

退院後の梅ちゃん、その後。

牧草もしゃもしゃ。

お注射通院1

お水もゴクゴク。

お注射通院2

普段の7~8割ってとこですが、とりあえず食べられてます。

ただ、もしゃもしゃすると疲れるみたいで、休み休み少しずつという感じです。

ウンさんはいびつだったり軟らかかったりしますが、

少ないながらもそれなりに出ています。

本日の体重、1100g。術前と変わらず。

おなかの流れがいつもよりは悪いので、食べ物が少したまっているかもしれませんが、

うっ滞はなく、ガスもたまっていないとのことで、まずまず良好です。

梅ちゃんは抗生物質で副作用が出てしまうため、内服は出来ないので、

今日からお注射通院です。

点滴注射待機中の梅嬢

お注射通院3

術前検査はすべてそつなくこなした梅ちゃんでしたが、

お注射は苦手なようで、入院中の昨日もかなり嫌がったと聞きました。

今日も、注射が終わった後もしばらくの間はきゃーきゃー大騒ぎで、

派手に女優さん炸裂してました(^^;

でも、ある意味これくらい「嫌だったんです」アピールが出来た方が、

ストレス発散出来て良いのかもしれません(^m^)

お注射は週末~週明けくらいまで毎日行きます。

梅ちゃん、イヤだけど、元気になるために、もうちょっとだけ頑張ろうね♪



ルルちん&梅ちゃんのダブル手術で、

お元気組は何かと後回しになっちゃってる我が家ですが…



イメージは天然系でも、実は繊細お嬢ちゃんのしおんさん。

お注射通院4

食欲がなかなか戻らないルルちんの応援で実家にお泊りしたり、

梅ちゃんが入院していた日はずっとねーちゃんを探していたり、

お元気に見えても、水面下でストレスをためているかもしれません。

お注射通院5

でも、術後組のために注文した生牧草を一番楽しんでいるのもこの方。

肝心の術後組はイマイチ食べなかったり、ハルちんは好き嫌いしたりで、

大量に届いてしまった生牧草、ダメになっちゃう前に…と、

しおんさんが勢いよくラーメンのようにツルツル吸い込んでいらっしゃいますw

またまたおぱんつ、でっかくなっちゃうかも…(^^;



我が家のデレ担当は、年と共にかまってチャンにも拍車がかかり、

飼い主の長時間外出が続くとさびしくてご機嫌悪くなっちゃうので、

お注射通院6

可能な時は一緒に連れて行ったり、

こまめに声掛けナデナデして、愛情不足にならないように気をつけています。

お注射通院7

半分溶けたお餅状態のハルちんw



ルルちん&梅ちゃんがお元気になるまで、

もうちょっとの辛抱だよ~





ボクは生牧じゃなくてぱせりがいいなぁ~♪ふひっ
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村

お帰り梅ちゃん♪ - 2015.06.23 Tue

梅ちゃんのことをご心配いただき、ありがとうございますm(_ _)m

梅ちゃん、今日の夕方、無事に退院しておうちに帰ってきました。

帰宅後、警戒しつつも、おうちに頭を突っ込んで、

お帰り梅ちゃん1

お寝床のバミューダを食す梅嬢。

お帰り梅ちゃん2

入院中の昨夜、先生からの経過報告では、

面会の後はしょんぼりしてあまり動かず、食も細くなり、お水もあまり飲まず、

と聞いて少し心配していましたが、

午前中、様子を見に行ったら、表情に病んだ感じは見られず、

いつもの梅ちゃんの表情だったので安心しました。

私を見ると、ダイソーハウスから出て来て牧草をモグモグ。

看護士さんも、「『食べる?』って牧草を差し出すと、

「どうも~」って食べてくれてましたよ♪」と言ってました。

気遣いモルの梅ねーさん、入院中も空気を読んで健気にふるまい、

先生にも看護士さんにも可愛がってもらったようでした(^^)



梅ちゃんが帰って来るなり、ホイホイ♪ホイホイ♪

テンションあがってアピール全開のしおんさん。

会わせてあげるわけにはいかないので、梅ちゃんケージの牧草をおすそ分け。

梅の香激嗅ぎ中のしおんさん


ね、ねーちゃん!会いたかったでち!
お帰り梅ちゃん3

隣の男子は、


梅ちゃん、帰って来たでしか?ふひっ
お帰り梅ちゃん4

と言っているのかいないのか、

梅ちゃんが帰って来たのをわかっているのかいないのか、

ひたすらよくわからないアピールをしてました(^^;



痛みどめの注射をしてもらっているので、激痛はないはずですが、

鈍痛や違和感がある、ということは言われていました。

そんな中で移動させたせいか、帰宅直後はかなり警戒していましたが、

しばらくすると、

お帰り梅ちゃん5

いつもの梅ちゃんの表情に戻って、バミューダをもしゃもしゃ。

そして、

お帰り梅ちゃん6

さすがはお水呑兵衛の梅ちゃんです。

いつもの量というわけにはいきませんが、とりあえずお水も飲めています。

その後、頼んでいた生牧草が到着すると、立ち上がって伸びあがってクレクレコール。

見ているおっちゃんはヒヤヒヤ(^^;

お帰り梅ちゃん7

先週、イタリアンライグラスをたくさん食べたので、今回は緑葉を注文。

太くて立派な葉っぱなので、術後にはちょっとタフ過ぎたかな?と思いましたが、

梅ちゃん、美味しそうに召し上がっていらっしゃいました。

ただ、もしゃもしゃすると疲れるみたいで、いつものような一気食いは難しく、

食べては休み、食べては休み…という感じで少しずつ食べています。

ウンチは少なく、出たのはほとんど食べちゃってますが、

少ないながらも出てはいるみたいです。

体重は手術前と変わらず1100g。

ルルちんを見ていても、回復中は波があるとは思いますが、

あせらず、ゆっくり、しっかり元気になって行ってくれたらと思います。





梅ちゃん、お帰りでし♪
お帰り梅ちゃん8


ねーちゃん、お帰りでち!
お帰り梅ちゃん9





梅もお元気になりちゅーれしよ♪
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村

梅ちゃん、本日手術しました。 - 2015.06.22 Mon

先週、術後のルルちんの応援のために実家にお泊り中だった梅ハルしおん。

部屋んぽもぷいぷい喜んでしましたが、我が家とは勝手が違うため、

どこでトイレをして良いかわからず、気づけば梅しおん、

フローリングのソファー下に出来た大海で水浴び状態(汗

急いでお風呂となりました。

で、いつものように、おひざに仰向けでおなかドライの仕上げをしていてギョッとしました。

腫れているのです。梅ちゃんの乳腺が。

梅ちゃん、手術しました1

ルルちんと同じ、右側の乳腺(向かって左)です。

梅ちゃん、手術しました2

つまんでみると、ルルちんのしこりよりも少し大きく、

輪郭がはっきりとわかって、もう少しコリコリしているようです。

あり得ないシンクロに、思わず、乳腺腫って伝染病なの?と思ってしまいました。

その日(木曜日)はルルちんの先生は休診日。

ずっとお世話になっていた先生は臨時休診。

翌日金曜日、まずはずっとお世話になっていた先生のところに行ってみました。


最近ツンデレ卒業でゴロゴロ飼い主に甘える梅ちゃん@通院車中。
梅ちゃん、手術しました3

最後に健診に行ったのは3月。

その時にはなくて、急成長しているしこりを診て、早く切った方が良いと言われました。

その他にも、あごの下にしこりを発見。

こちらも3月にはなかったものですが、こちらは1年前から経過観察している背中のしこり同様、

膿瘍ではないか、との見解でした。

こちらの先生、2年前の春からお世話になっていますが、

自宅からは車で40~50分かかります。

オペをするとなったら、やっぱり近くのルルちんの先生だと思いましたが、

それでも快く診察してくださり、ご自分ならどうされるかという見解をくださり、

本当にありがたかったです。感謝感謝ですm(_ _)m



そして、そのまた翌日土曜日。

ルルちんの先生のところに受診。

診断は、前の先生とほぼ同じで、やはり外科的に切除することを勧められました。

梅ちゃん、手術しました4

背中とあご下の、おそらく膿瘍と思われるしこりも一緒に切除する、という考え方もありますが、

双方の先生、ご経験から、こちらの2つは悪いものである可能性が低いとの判断から、

麻酔のリスク、手術の負担によるリスクを考えて、

麻酔が効き始める頃に細胞診をして、悪いモノでなければ、

今回は乳腺だけ切除する、ということに決まりました。



本日、月曜日。

入院直前の梅ちゃん。


梅、がんばるれしよ!
梅ちゃん、手術しました5

お昼前にお預けして、お昼過ぎに手術、最後の縫合の頃にご連絡を頂き、

梅ちゃんが麻酔から覚める時には私が一緒にいられるように、

という段取りでお願いしました。

麻酔から覚めた時は当然のことながらボーっとするのですが、

そこからの回復過程で、自分の家や飼い主の存在など、

安心できる環境であった方が、血圧や体温などの回復に利点が多いそうなのです。

ずっとお世話になっていた前の先生から頂いたアドバイスです。



駆けつけた時には、ちょうど縫合が終了したところで、

梅ちゃん、酸素室でまだ眠っていました。

それから10分後、目覚めたばかりの梅ちゃん

梅ちゃん、手術しました6

ボーっと空を見つめていましたが、私が手を鼻の近くに持って行くと、

鼻がヒクヒク動いて、間もな梅ちゃん、動き始めました。

先生が聴診して状態を確認後、持ち込んだいつものケージに移動。

梅ちゃん、手術しました7

声をかけながら、そっと撫でながら、再び手を鼻の近くに持って行くと、

にゅ~っと首を伸ばして、梅ちゃん、おもむろに牧草を食べ始めました!

梅ちゃん、手術しました8

最初にバミューダヘイ。

大好きなプリーツレタスを入れてあげると、しっかり食べました。

その後、手術内容の説明を受けている間も、休み休みではありながらも

牧草を食べ続ける梅ちゃん。

帰りがけに、いつもはおやつにあげている2番刈りを入れようと袋を取ると、

おねだりの姿勢を見せ、入れてあげるとすかさずもしゃもしゃ。

あまりのたくましさに涙が出ました。

さすが、ど根性モルの梅ねーさん。ホントに良く頑張ってくれました。

その後も先生から連絡はないので、順調に頑張ってくれていると思います。

今夜は入院ですが、順調であれば明日の夕方には退院できると思います。

梅ちゃん、ガンバレ!!





ねーちゃん、早く帰ってくるでちよぷいぷい♪
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村

ルルちんの経過♪ - 2015.06.22 Mon

ルルちん、手術から1週間です。

元気はモリモリ回復しています。

食はまだ通常通りというわけにはいきませんが、

うっ滞もなく、体重も減っていないので、順調に回復していると思います。

抗生物質の点滴注射は、昨日お休みして、今日もう一度行って終了しました。

26日に半分抜糸、その後問題なければ、残り半分は29日抜糸予定です。

まさかのシンクロ1

そして、今日、病理の結果が出ました。

術前検査で見つかった首の後ろの腫瘍は良性で、

肉芽腫か、毛芽腫の類だろうとのことでしたが、

乳腺のしこりは悪性でした。

男の子の乳がん、ホントに多いんですね。

早期発見で迷わず手術に踏み切って良かったです!

きっちり取り切れてはいるのですが、転移の可能性はゼロではないので、

1年間は、3ヶ月ごとにレントゲン検査をすることになります。

転移することなく、無事に1年間、元気に過ごせることを祈ります。



その他に、術前検査のレントゲンでわかったことがいくつかありました。

ルルちんの経過2

最初の診察の時、上の前歯の質があまり良くないことについて指摘されていて、

老化によるものかもしれない、と言われていたのですが、

レントゲンを見ると、ひざや脚の付け根の関節にも老化の症状が見られました。

この症状が進むと痛みが出たり、脚の可動範囲が狭くなったりするそうです。

コレは予防できるようなものではなく、病気というワケでもないので、

段差をなくすなど、なるべく関節に負担をかけない工夫をしながら

上手におつき合いしていくしかないそうです。

さしあたり、早急にケージの出入りの段差を何とか解決しなければなりません。

またまた試行錯誤です。



先週、手術の後で、なかなか食欲が上がらないルルちんのために、

我が家の3モル、ルルちんのおうちにお泊りで応援に行きました。

ただ、フツーにぷいぷい周りにいるだけで、

ルルちんにとっては良い刺激になったみたいです。

ルルちんのおうちのお隣で、ケージ越しデートをするハルしおん


ぷいでち?
ルルちんの経過3
ぷいでしよ♪


すかさず近くに寄って来て、デート現場をガン見するルルちん


いいなぁ。。。 ボクもおでーとしたいでしゅ~
ルルちんの経過4

ルルちんの食欲啓発に一番大活躍したのがこの方


モグモグ梅れしよ♪
ルルちんの経過5

女の子だし、とにかくよく食べるので、

ルルちん、かなり触発されて食が進んでました(^。^)v

どこでもストレスフリーでマイペースな梅嬢。

ホントなら、居残りで単独ご奉仕ってのもアリだったんですが、

ルルちんのおうちに滞在中に想定外の事態が起きまして、

週末にみんな一緒に帰宅しました。

ルルちん、またおひとりモルに戻っちゃいましたが、

着実に回復しているので、あとはおかーちゃん&おとーちゃんとガンバレ!!





梅ちゃんの‘想定外の事態’については、長くなるので別記事で。





ボク、お元気になりちゅーでしゅ!
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村

やっぱり、手術したんだもんね。 - 2015.06.17 Wed

ルルちん、昨日夕方退院してから

夜9時半頃に先生が電話をくれるまでは元気にしていたのですが、

その後、食べる量が激減し、ウンチも減ってしまって、

出すウンチは全部食糞している状態です。

やっぱり、手術したんだもんね。

それも、2ヶ所も切ったんだから、そんな簡単じゃないよね。

昨日はどうしてあんなに元気だったんだろう?

もしかして、早くおうちに帰りたくて、無理したのかな?



今日、10時半にお約束のお注射で通院。

やっぱり、手術したんだもんね1

ぐったりしている、ということはありませんが、

体重はやっぱり少し減っています。

診察台の上で処置を待っているルルちん。

この時点で、いつものルルちんなら文句タラタラ大騒ぎになるのですが、

今日はおとなしくしています。

やっぱり、手術したんだもんね2

栄養とお薬の点滴注射をしてもらい、

お給餌をしてもらって、とりあえず帰ってきました。

まったく食べていないわけではないので、

食欲増進剤が効いて、少しずつでも食べる量が増えてくれると良いのですが。。。



先週末からずっと飼い主バタバタで家を空けることが多く、夜もかまってあげられなくて、

ご機嫌ナナメを通り越してすっかりいじけちゃった我が家の甘えん坊や。

お出掛けも好きじゃないけど、ひとりはもっと好きじゃないので、

今日は、用事はないけど、一緒に連れて行きました。


ボクもいるよ♪ふひっ
やっぱり、手術したんだもんね3

コレが意外と役に立つ結果に。

隣で食べてくれると、勢いで食べることも多々あります、と先生。

帰宅後、試しにルルちんケージのお隣にハルちんを置いてみると、

やっぱり、手術したんだもんね4

勢いよく食べるハルちんの雰囲気に釣られて、

ルルちん、バミューダをもしゃもしゃ食べ始めました!

やっぱり、手術したんだもんね5

でかした!ハルちん!

(ただ、食べてるだけですが(^^;)

ハルちんのお元気オーラに励まされて、ルルちん、なんとか食べてほしいところです。

再入院はなんとか免れたいので、お給餌の覚悟もしとかなくちゃです。



昨日退院時は想定外に元気だったことで能天気に喜んでしまい、

たくさんのおめでとうコメントを頂いてしまったのに、

こんなお知らせで恐縮ですm(_ _)m

お返事は追々書かせていただきますので、もうしばらくお待ちくださいませ。

記録方々、取り急ぎご報告まで。





ボクと一緒にモグモグするでしよ~♪ふひっ
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村

退院しました♪ - 2015.06.16 Tue

ルルちん、今日午後4時半頃におうちに帰ってきました♪


ただいまでしゅ♪
退院しました1

今日は朝から牧草も食べられていて、良く動いていますという経過を聞いていました。

昨日、ちょうど24時間前に面会した時には、

手術を頑張った直後で、ボーっとして力ないルルちんを見て胸がギューっとなりましたが、

今日は昨日の姿からは考えられないくらい元気な、いつものルルちんが待っててくれました!

それでも傷はまだまだフレッシュなので、

抗生物質の注射に毎日通うことを条件に退院許可が出ました。

おうちに帰ってきてすぐ、生牧草を召し上がるルルちん。

お豆さんも、まずまずな感じで生産されております。

退院しました2

術後はどうしても腸の動きが鈍くなるそうで、おなかには若干ガスがたまっているので、

食べられるようなら、お野菜は少な目で草を中心に食べさせるようにとの指示が出ました。

しばらくは部屋んぽ禁止で安静に、と言われましたが、

本モル、ケージの中ではいたって普通に過ごし、

食器の下の牧草をズルズル引きずり出して食べたり、

貫禄の野良寝でお昼寝もしてましたw

極力ストレスをかけないために、いつものIKEA House持込みで入院したルルちん。

退院時、良く食べていたので、キャリーには入れずに、

IKEA Houseごと大移動して帰って来ました。

玄関を入るとすぐに、ぷいぷいぷいぷい♪♪テンションあがってました。

おうちに帰って来たー!!ってわかったみたいです。

退院しました3

術後食べられなかったら…とか、病院がストレスで食が進まなかったら…とか、

身体の弱い母にお給餌のお世話は無理なので、

3モル同伴でワタシが泊まり込み看護することまで想定して心づもりをしていましたが、

え?ホントに昨日手術受けたの?くらいに、ルルちん、元気に帰ってきてくれました。

ルルちん、頑張ってくれてありがとう!

食いしん坊で、ホントに良かったです!(≧▽≦)w



首の後ろに腫瘍、と聞いたときには、

ルルちんトレードマークの‘とさか’も刈られちゃうんだろうなーと覚悟しましたが、

首の傷は耳の後ろを縦に切っているので、

‘とさか’も健在でご帰還されました。

手術についてはまた後日、改めて載せますね。

ルルちんと飼い主に、あたたかい励ましと応援メッセージを下さったみなさま、

心配してブログを見てくださっていたみなさま、

本当にありがとうございました!

とりあえず、無事に元気に帰って来れたご報告が出来てホントに嬉しいです!!






ルルちんの手術ですっかり影の薄くなっていた我が家のお子たちですが、

みんな元気にしています。


るるちん、がんばったでち!
退院しました4

術後の特別おごちそうで注文した生ライグラスのおこぼれにあずかるお三方。


ルルちん、えらかったれしよ!
退院しました5

ほっとかれた甘んぼオジサンは昨夜、不機嫌モードスイッチが入ってしまいましたが、


ルルちん、おめでとうでし!ウマウマでし!!
退院しました6

おみやげの生ライグラスで、すっかりご機嫌も直ったようです(^∇^)w





おうちはやっぱり一番でしゅ!みなしゃん、応援ありがとうでしゅ!
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村

ルルちん、無事終わりました♪ - 2015.06.15 Mon

ルルちん、無事に手術終わりました。

術前検査のレントゲンで、首の後ろにも1㎝大の腫瘍が見つかり、

麻酔の状態が安定していたらそちらも切除しましょう、ということになり、

急きょ、2ヶ所の切除手術となりましたが、

ルルちん、頑張ってくれました!(^^)v

夕方、麻酔が覚めたと連絡を頂き面会に行って来ました。

ボーっと固まって動かないルルちんを見た時には胸が締め付けられましたが、

母と私が声をかけると反応してくれて、

その後間もなく、お野菜を少し食べてくれました!

帰り間際にナデナデした時には、弱々しいながらも、

いつものうるるるる~♪も聞けました!!


夕方の面会で、お野菜を食すルルちん。いつものケージ持ち込みで入院してます。
ルルちん、無事終わりました6

夜9時半頃、先生から経過報告の電話を頂きました。

牧草はまだまだ少量ですが、お野菜は食べられていて、

寝んねのおやつ「チモシーの恵」も看護士さんの手から食べたそうです。

夕方の面会時よりもだいぶ動きが良くなっているとのこと。

形は不ぞろいながらウンチも出ているし、おしっこも出ているので、

このまま順調にいけば、明日には退院できるかもしれません(^∇^)w



たくさんの方々が本当に親身になって心配してくださり、

情報を下さり、とても心強く、嬉しかったです!

本当にありがとうございましたm(_ _)m

手術の経過はまた落ち着いたらご報告させていただきます。

取り急ぎ、ルルちんの無事報告と感謝までm(_ _)m m(_ _)m





みなしゃま、応援ありがとうでしゅ!
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村

セカンドオピニオン♪ - 2015.06.13 Sat

ルルちんの乳腺について色々情報を頂きましてありがとうございます!m(_ _)m

実は、今まで私がブログやその他のネット情報で見てきたケースでは、

乳腺の病気はほとんどが男の子だったので、

「男の子の乳がんは稀」という先生の見解と、『モルモットの臨床』の表記には

ちょっとしっくりこないものがありました。

様子見と言われた1ヶ月の半分が過ぎましたが、このまま様子見だけでいいのかな?

という漠然とした不安もあって、何もはっきりしない状況ではありながら、

他のモル飼いさんたちのご意見やご経験が伺えるかもしれないという思いもあり、

記事にしてみて良かったです。

やっぱり、モル飼いの現場(というのかな?)では、男の子の乳腺腫は多い病気で、

しかも、悪性であることも少なくないという情報を頂き、

セカンドオピニオンを取った方が良いと思い、昨日、早速行って来ました。


まーたお出かけでしゅよ。ぶー…
セカンドオピニオン1

セカンドオピニオンと言っても、どこに行ったらいいの?というのが最大の問題でしたが、

以前、梅ちゃんの軟便で病院ジプシーをしていた頃に、

ブログや掲示板でお世話になっている方々から色々な情報を頂いたことがありまして、

その時に、市内で開業したばかりのお医者さんで、

診療科目にモルモットを掲げているところがあると教えて頂いたことを思い出し、

そちらに行ってみました。


初めての病院に通院して少々お疲れのルルちん。
セカンドオピニオン2

モルモットにどのくらい詳しいのかわからないし、

口コミも紹介もないのでドキドキでしたが、

予約の電話で先生ご本人がテキパキと、症状と経緯などを質問され、

「モルモットは男の子でも乳腺の病気は多いんですよ」と言われ、

少し安心して出かけました。


可愛いお顔を撮ろうと頑張る‘おばちゃん’におケツを向けるルルちん。
セカンドオピニオン3

診察の結果は、やはりしこりが出来ていて、現在の大きさは約1.5cm。

筋肉組織に少し癒着があるようです。

コメントで情報を頂いていた通りに、良性か悪性かを判断するためには

組織単位での検査が必要になるため、

細胞診はあまり意味がないので勧められないそうです。

『モルモットの臨床』の記載とは相反するのですが、

モルモットの乳腺腫瘍は悪性であることも多々あり、

乳腺に腫瘍が見つかった場合は、早急に切除することが勧められるそうです。

また、たとえ良性であっても、大きくなってしまうと温存は出来ません。


完全‘おけつもる’を決めこむルルちん。
セカンドオピニオン4

先生の見立てと見解、オペになった場合の具体的な運びやアフターケアなど、

詳細にわたって色々なお話をしてくださり、母も私も納得のいく気持ちを感じました。

麻酔のリスク、手術のリスク、悪性だった場合のリスク、良性だった場合のリスク…

腫瘍が出来てしまった以上、ノーリスクの選びがありません。

飼い主にとっては、かけがえのないわが子の命。

たとえどんなに小さな数字でも、

リスクを量りにかけて考えるのは簡単なことではありませんが、

これからまだまだずっと一緒に元気で過ごしてもらうために、

ルルちん、手術をして頂くことになりました。


‘しゅじゅちゅ’ってなんでしゅの?
セカンドオピニオン5

手術は6月15日(月)のお昼頃です。

ルルちん、頑張るんだよ!





あい~♪
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村

ルルちん通院。 - 2015.06.10 Wed

久々登場、実家モルのルルちんですが、


ルルでしゅよ。
ルルちん通院1

今日は少々通院レポートを。

ちょっと気になったとこがあって、5月28日に急きょ通院しました。


おいしゃしゃん行ってきたでしゅ。
ルルちん通院2

お写真だとわかりづらいのですが、ルルちんの右のお乳がちょっと腫れてます。

(お写真だと向かって左)

ルルちん通院3

食欲、体重は変わらず、痛みもないようなのですが、

パッと見でわかるくらいふくらんでいます。

触った感じは、コリコリではなく、ぷにょぷにょした感じです。

触っても痛がらないので、炎症ではないようです。

先生は、痛みがなく、肌の色に変化がないことや、触った感じから、

緊急性はないと判断したようで、1ヶ月様子を見ましょうということになりました。

以前と比べるとウンチが少し小さくなっていますが、とくに問題はなく、

お乳の腫れと関係があるのかどうかもよくわかりません。

とりあえず、ルルちんの生活には変化はなく、元気にしています♪


ボク、お元気でしゅよ♪
ルルちん通院4

先生は、「男の子の乳がんは稀」とおっしゃってました。

『モルモットの臨床』でも、乳腺腫瘍は、

「雌雄で発生をみるが、…腫瘍の大半は良性の線維腺腫であり、

…転移のみられることはほとんどない。

悪性度の高い腺癌の発生率は低い」と書かれていました。

通院から半月、変化もなく、ルルちんの生活も変わりありませんが、

今月で4歳半になるので、一度検査をしておいた方が良いとは思うので、

今月末に再通院するときに、先生に相談してみようと思います。



嬉しいお知らせは、昨年末に言われた不正咬合の兆候が、

ほぼ心配なくなったということです(^∇^)w

ルルちんの場合は、カジカジフリーにしたことが良かったみたいです。

それに関しては一安心。

お乳も、大丈夫でありますように…



☆追記(2016年6月30日)
コメントでご指摘くださっているモル友さんのおっしゃる通り、男の子の乳腺腫は稀ではありません。
モルモット♂の乳腺腫について寄せられた情報
情報1 ←クリック
情報2 ←クリック
私の周りで乳腺腫になった子もほとんどが男の子でしたので、この情報を伺い、すぐにセカンドオピニオンを取り、ルルちん、手術となりました。
そして、病理検査の結果、悪性(がん)であったことも判明。
悪性の乳腺腫も、私の知る範囲ではほとんどが男の子です。




そして、おまけで一緒に通院したこの方。


ボクも行ったの。ふひっ
ルルちん通院5

ありがたいことに、毎度おなじみ、健康優良児でございました

最近、ちょっと忙しくなっちゃった飼い主。

外出することが増えたせいか、

ハルちんの不機嫌モードスイッチが入る頻度が高くなり、

日々、ご機嫌取りに追われております(^^;

ご機嫌の波は年齢とも関係があるのか訊いてみたところ、

「大いにあります。年と共に頑固になります。人間と一緒です」

とのことでした。

我が家の甘えんぼオジサンw

なるべく一緒にいられるように、ワタシも頑張るからね。



女の子たちの健診は、月末のルルちん再通院の時にと思ってます。





ボク、今度は両手に花でしゅか?うふっ
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村

新ジャイアン誕生(^^; - 2015.06.05 Fri

新ジャイアンに追い出され、

新ジャイアン誕生1

ダイ別ソーのお外でくつろぐ梅嬢。


追い出されちゃったれしよ。
新ジャイアン誕生2

ひとりで2つのダイ別ソーを占領する、ふてぶてしいモチリ。

新ジャイアン誕生3

ジャイアンモードのスイッチが入ったしおんさんは、こんなワルそうなお顔になります(^^;


じゃいあんでちけど、なにか?
新ジャイアン誕生4

お外でくつろぐ梅ねーちゃんに、さらにちょっかい出そうとするしおんさん。


あっち行けちゅんちゅんでち!
新ジャイアン誕生5

うるさいな、と思うと、おもむろに場所を移動する梅ねーちゃん。

威張ってはみるものの、基本、ねーちゃんにかまってほしくて仕方のないしおんさんは、

ねーちゃんが行っちゃうと、やっぱりくっついて歩くのです。

新ジャイアン誕生6

こだわりもなく、しおんさんと一緒じゃなくても全然平気な梅ねーちゃん。

最近はとっても甘えんぼさんになって、飼い主にアピールしに来ます。


梅と遊ぶれし?
新ジャイアン誕生10

しばらく飼い主と遊んだら、鬼の居なくなったダイ別ソーへご帰還。


ただいまれし。
新ジャイアン誕生7

新ジャイアンが誕生しても、まったく動じず、メゲもしない、

マイペースな梅ちゃんであります。


うひっ
新ジャイアン誕生8

しばらくすると、またねーちゃんのおそばに戻ってくる新ジャイアンと、

しばらくの間は新ジャイアンに花を持たせてあげる、オトナ対応の旧ジャイアン(笑

新ジャイアン誕生9

この後、また1枚目の写真に戻って繰り返し…

というループが永遠に繰り広げられている、最近の我が家です。




ジャイアンになるのが梅ちゃんであろうとしおんさんであろうと、

結局のところ、しおんさんの片想いに変わりはないみたいです(^^;





そんなことないでち!ねーちゃんはしおんが大好きでち!
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村

ぱんくもる♪ - 2015.06.03 Wed

ハルちん@おやつ中。

ぱんくもる1

ちょうどいい具合に

ぱんくもる2

髪型が

ぱんくもる3

パンクになってますw


ふひっ
ぱんくもる4





‘ぱんく’のボク、どう?ふひっ
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村

ハルちんの場合♪ - 2015.06.01 Mon

梅ちゃんの「見えちゃったの?」に関して、

飼い主さんたちの経験を教えていただきありがとうございます!

コワイ夢を見ちゃったのか?

それとも何か、違う、コワイモノが見えちゃったのか?

結局真相はわからず終いですが、いつか謎が解ける日は来るのかな…?



モルモットも夢を見る、ということを考えもしなかった飼い主。

梅ちゃんの一件の後で、お子たちは夢を見ているのかどうか知りたくて、

寝んね姿をよく観察するようになりました。



ちなみに、ハルちんの場合。

ハルちんの場合2

寝てます。



拡大すると、

ハルちんの場合3

白目です(^^;



そして多くの場合、

ハルちんの場合4

鼻先には黒豆が。



一種の魔除けでしょうか?(笑




…で、ボクは夢を見ていたの?
ハルちんの場合1



うーん、

…わかんないんだよね。



とりあえず、ハルちんは平和に寝んねしてました。

白目、コワイよ、と声をかけると、寝ているはずなのに黒目の割合が増えたり(笑

実は聞き耳立てながら寝てるの?

野生の草食動物は基本熟睡しない、ってどこかで読んだことがありますが、

ニンゲンと暮らして長い家モルさんたちは野生が退化しているので、

もしかすると、ホントに熟睡しちゃったときには夢を見るのかもしれないですね。



梅ちゃん、きっと、爆睡して熟睡して、コワイ夢を見たんだよね。

見えちゃったコワイモノは、オバケじゃないって思いたい、

小心者の飼い主であります(^^;










あ、空中に、なんか見えるよ~♪
ハルちんの場合5



ウソつけ(^^;





夢かオバケか…? 答えはヒミツれし~♪
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール


梅♀

2010年12月生まれ

もん♂

2016年10月生まれ

ルル♂(実家モル) 
2011年1月生まれ



~虹の橋在住のお子たち~

ハル♂

2011年1月生まれ
2016年11月17日
     虹の橋にお引っ越し

しおん♀

2013年4月6日生まれ
2016年6月12日
     虹の橋にお引っ越し

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

『もるもっとのうた』 (1)
梅ちゃん (73)
ハルちん (137)
梅&ハル (33)
しおんちゃん (61)
梅&しおん (54)
梅ハルしおん (44)
ハル&しおん (5)
+ルルちん (20)
病気・通院 (2)
ハルちんの結石 (12)
梅ちゃんの軟便 (3)
モルモットハジラミ (1)
足の裏のモンダイ (3)
マイボーム腺炎 (5)
膀胱炎 (2)
しおんちゃんの血尿 (11)
抗生物質の副作用 (4)
結膜炎 (1)
膿瘍 (5)
白内障 (3)
梅ちゃんの血尿 (4)
しおんちゃんの闘病生活 (27)
乳腺手術(梅&ルル) (15)
うっ滞 (5)
健康診断 (21)
おうち (33)
部屋んぽ・別荘 (22)
ごはん (7)
ケア・お風呂 (12)
体重測定 (45)
チャッピーちゃん (1)
おともだち (21)
井の頭モルちゃん (4)
番外編 (3)
梅ちゃん&もんちゃん (3)
もんちゃん (24)
梅ちゃんの嚢胞 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。