FC2ブログ
2019/06/24

梅&もん2019年梅雨

ジメジメ雨降りでも


もぐもぐもぐ…
梅&もん2019年梅雨1

今日も元気だ


モリモリ♪
梅&もん2019年梅雨2

ごはんがうまい!


うまいれし
梅&もん2019年梅雨3

梅ちゃん、8歳を過ぎた頃から少しずつ歯に老化が見られ、

前歯が斜めに、そして左右の歯の太さが違くなり、さらにすきっ歯に。

一見不正咬合のようでドキッとするんだけど、

ビミョーなバランスでちゃんと噛み合ってるようで、

おいしく食べられてます(^^)


大きいお嬢ちゃんれしよ。   おばあちゃんじゃなくて?
梅&もん2019年梅雨9

今日も元気に食べるよー!


この投稿をInstagramで見る

梅) 食欲の梅雨れし。

ゆーさん(@uchinomoruchan)がシェアした投稿 -






乳腺手術から40日余、ほぼ完全復活のもんちゃん。


梅ちゃんのによいがするですー。
梅&もん2019年梅雨4


みょん♪
梅&もん2019年梅雨5

術後の変化と言えば、食べ物にわがままになったことと、

おひざでマッタリ長居をするようになったこと。


まったり。
梅&もん2019年梅雨6


マッタリ。
梅&もん2019年梅雨7

ハルちん?


もんちゃんですよー。
梅&もん2019年梅雨8

メンタル回復に1ヶ月かかったけど、お元気になってよかった~

2019年梅雨、通常営業に戻ったわが家であります。






にほんブログ村




スポンサーサイト



2019/06/12

祝8歳半だよ~♪

6月10日、梅ちゃん、めでたく8歳半(^^)v


梅れしよ
祝8歳半だよ~♪1


モリモリプリプリ、1㎏超えをキープ。

おばあちゃんになっても大きなお嬢ちゃん。 (ん?なんか意味不明?)


えへ♪
祝8歳半だよ~♪2


でーんとくつろいで動かないから時々あんよが心配になるんだけれども、

逃げ足は相変わらず速いからまだまだ大丈夫そう。


もぐもぐ…
祝8歳半だよ~♪3


モルモットの1ヶ月はニンゲンの1年だっていうから毎月お誕生日だよ


祝8歳半だよ~♪4


ほぼ完全復活したこちらの方も登場して


ボクも~。
祝8歳半だよ~♪5



みんなでお祝い(*^。^*)



夏も元気に過ごすよん!






にほんブログ村




2019/06/04

もんちゃんの乳腺手術② 6/4追記

☆術後のスッタモンダがあまりに心配過ぎて、もんちゃんが元気出して頑張った肝心の手術の日のことをすっかり載せ忘れちゃいました(^^;
6/4 追記しました。



手術~術後の経緯。



手術の日。 

術前検査の後、麻酔に備えて、もんちゃん in 酸素室。


??
もんちゃんの乳腺手術2-1


心配した採血の後もおやつをモグモグ。

「ヤケ食いだったかもしれないけど。」(先生談)


ココはどこですかー?
もんちゃんの乳腺手術2-2


ビビって固まることもなく。


すぴー
もんちゃんの乳腺手術2-3


この後、手術自体も極めて順調。

麻酔から覚めるのも早くて、お目覚めに合わせて面会に行ったのが間に合わないくらいで。

覚めてから酸素室でボーッとすること1時間半。

体温も血圧も大丈夫なのになかなか動かないので、持ちこんだケージに帰すとすぐに

生牧草、ピーマン、笹の葉を何度もおかわりして食べたよ~(^^)v

やっぱりおうちはいいんだね。


おべんとモリモリですー。
もんちゃんの乳腺手術2-4


夕方帰宅。

その後も順調。

良い意味で、超こだわり派+ガラスのハートのもんちゃんらしくなくてビックリ。

もんちゃんをよく知る飼い主想定では、数日は凹んでどんよりするはずだったから。

梅ねーさんの根性注入がこんなに効くとは!




術後1日目。

モリモリプリプリ順調で、夕方点滴通院。

これがダメだった(--;)

夜中から突如パタッと食べなくなり、ひたすら外に出たがるように。


カキーン!
もんちゃんの乳腺手術2-5


術後2日目。

朝から別荘引きこモル開始。

術後食べてたモノは全部ダメ。

病院と手術にリンクするものはすべてNG。


ちーん。
もんちゃんの乳腺手術2-6


口にするのは術後に食べなかった野菜のみ。

快調だった黒豆がゆるゆるに。


ぱくちーモグモグですー。
もんちゃんの乳腺手術2-7


手術の日、ケージごと病院に持ち込んだので、ケージもNG。

寝るのもここ。

トイレもここ。


帰りませんよー。
もんちゃんの乳腺手術2-8


警戒Max(´・_・`) 

この日の通院予定はキャンセル。


行きませんよー。
もんちゃんの乳腺手術2-9


傷の写真を持って飼い主のみ通院。

万が一の時のために頓服の抗生物質をもらう。


もんちゃんの乳腺手術2-10


術後3日目。

トウモロコシの皮でおだてて、なんとかケージに帰れるように。

(正確には半ば強制的に帰らせることが出来るように)


モグモグ、、、
もんちゃんの乳腺手術2-11


あきらめて寝んねも出来たよ。

一安心。


こてっ。
もんちゃんの乳腺手術2-12


この後困ったのは、黒豆ごはんが主食になっちゃったこと。

ゆるゆるおなかは治ったけど、黒豆食べて出した黒豆をまた食べて、、、

出した黒豆はほとんど完食で、ケージに黒豆が見当たらない(´・_・`)

黒豆は栄養補給になると言ってもあくまでサプリ。

主食になっちゃうと栄養不足になっちゃう。

リサイクルになればなおのこと。

この状態が術後11日目まで続いて体重が減っちゃいました。


非常食生活ですー。
もんちゃんの乳腺手術2-13


術後5日目。

ねーさんアピール復活。

一見普通に元気なんだけどなぁ。


うめちゃーん。
もんちゃんの乳腺手術2-14


抱っこしてほしがるのも、

いつまでもおひざでまったりするのも嬉しいけど、

もんちゃんとしてはフツーじゃないし。


マーッタリ。
もんちゃんの乳腺手術2-15


術後の現実があんまりにイヤすぎて、

虹のハルちんとスワップしたのかと思っちゃったよ。


もんちゃんですよー。
もんちゃんの乳腺手術2-16


術後8日目。

がーん!Σ(゚д゚lll)

縫い目が1個無い!?

8針縫ったはずが、1針紛失。


もんちゃんの乳腺手術2-17


術後9日目。

通院。

無くなっちゃった1針の他、もう2針は引っ張って皮をちぎっちゃってたので、

縫合糸が付いてる意味ナシ。

…ってことで、予定外の半分抜糸。

紛失した一目のワイヤー糸の行方を確認出来ず、誤飲が心配だったけど、

先生曰く、たとえ誤飲したとしても、

体重が700g以上ある子はまず問題にはならないとのこと。

何事もなくてよかったー。 ホッ


もんちゃんの乳腺手術2-18


術後12日目。

ようやく黒豆リサイクルの頻度が下がり、草を食べるように。


もんちゃんの乳腺手術2-19


このまま抜糸までなんとか、、、と思ったけど、

もんちゃん、残り4針が気になって仕方なく、

ストレスからか、自分で爪切りして深爪したり、

繰り返し傷を歯でいじるので、表面びらんを繰り返し。



術後13日目。

ストレス行動の方が心配なので、予定より1日繰り上げて抜糸。

ようやく気持ちが落ち着いたよ。


ヘンなのなくなってスッキリですー。
もんちゃんの乳腺手術2-20


術後21日目。

周りの毛はだいぶ生えそろって、

傷跡はあるけどキレイになりました(^^)v


もんちゃんの乳腺手術2-21


ストレス満載の2週間で気持ちがすっかりやられちゃって、

投薬治療も試さないでいきなり手術して可哀想だったかなと思ったけど、

病理の結果、悪性腫瘍だったので、結果的には手術してよかったです。


しゅじゅちゅはもうこりごりですー。
もんちゃんの乳腺手術2-22


ただ今王子待遇で体重・体力回復に励み中。

トラウマも若干残ってるので、メンタルもゆっくりゆっくり回復中。

もんちゃん、頑張って偉かったよ(^^)


今年もシマシマの季節ですー。
もんちゃんの乳腺手術2-23



自分のための覚書

☆ワイヤー縫合糸
…普段から毛づくろいが多く、しょっちゅう自分の身体を気にしているもんちゃん。絶対自主抜糸しちゃうだろうなと思ったので、食いちぎれないワイヤー縫合糸を使ってもらったんだけど、ホントに食いちぎりたい子は、糸が食いちぎれなければ皮をちぎっちゃう(!)ということがわかった。食いちぎれないという最大のメリットにも落とし穴が。
普通の縫合糸と比べてつっぱり感や違和感が高いため、かえって傷に注意を集めてしまうリスクも。
かといって、普通の縫合糸で傷がくっつく前に食いちぎっちゃうリスクを考えると、、、
どっちがいいんだろうね。

☆もんちゃんの凹みタイミングギャップ
…もんちゃん、テンパるとまずはテンション上げてかっ飛ばすタイプだということが判明。
そして、後からリバウンドが来た時には手ごわい。
おや?想定外に大丈夫そう、と思ったときほど要注意。

☆術後の通院はとっても難しい
…これはもんちゃんに限らず。梅ちゃん、ルルちん、もんちゃん、全員共通。
抗生物質の経口投与は副作用のリスクがあるため注射の方が安心、という考え方から、翌日から点滴注射通院を勧められるのだけど、コレは術後のモルたちには相当なストレスになるらしい。
ルルちんはホントにイイ子ちゃんで、イヤイヤながらも頑張って1週間通い、食欲&お元気回復に時間がかかっちゃった。
梅ちゃんは退院翌日の初回でハンガーストライキを起こし、通院中止。結果的には1週間前に手術したルルちんより回復が早かった。
ちなみに梅雨の最中の手術だったけど、抗生物質なしでも化膿することなく元気になれたよ。
今回のもんちゃんは日帰り手術で翌日1回だけ点滴注射したけど、その後は抗生物質を使うことなく回復。
乳腺手術の場合は術後の通院はせず、清潔を保って、抗生物質の頓服をお守りに、というのがいいのかも。
梅ちゃんの過去の経験から、抗生物質は、同じニューキノロン系でもバイトリルよりレボフロキサシンの方が副作用の出方がマイルドだったので、今回頓服を頂く時はこちらを注文。梅ちゃん、バイトリルで副作用が出た時はガッツリおなかをやられて、食欲不振の方が症状そのものよりも深刻になっちゃったけど、レボフロキサシンは食欲が落ちてもゆるやかだったから。個体差もあるんだろうけど、参考まで。




にほんブログ村