FC2ブログ
2017/01/08

梅ちゃんの嚢胞

11月半ばからずっとおなかの調子が悪かった梅ちゃん。

頑張った梅ちゃん1

年末にようやく復調して1ヶ月半ぶりにゆっくり抱っこ。

頑張った梅ちゃん2

毛玉を切っている時に、太もも上部の外側におハゲを発見。

梅ちゃんの嚢胞3

反対側は皮膚が黒くてわかりにくいですが、やっぱりおハゲが始まっています。

梅ちゃんの嚢胞4

年が明けて落ち着くのを待って通院。

エコーで診てもらったら、やっぱり左の卵巣が腫れていました。

通常2~3㎜、発情期の時でも5~6㎜のはずの卵巣が、梅ちゃんのは13㎜。

卵巣内の詳しい状態はレントゲンやエコーではわからないのですが、

病巣があることは明らかで、おそらく嚢胞(中は液体)だろうとのこと。

梅ちゃんの嚢胞5

治療のオプションは外科的切除、ホルモン療法(経口投薬、注射)、対症療法。

ホルモン療法はいずれにしても福反応は避けられないとのこと。

今の梅ちゃんの状態と、それぞれのオプションの効果とリスクを考え、

さしあたっては現状維持の対症療法で美味しく食べられる状態を最優先することに。

梅ちゃんの様子と経過で判断していくことになると思います。



梅ちゃん、今はモリモリ食べられてます。


モグモグ…
梅ちゃんの嚢胞7

通院キャリーの中でも食欲モリモリでした。


ほよん。
梅ちゃんの嚢胞6

毎日「美味しく」「楽しく」。

梅ちゃんのペースでこれからも良い時間が過ごせるように頑張ろうね。





ねーちゃん、がんばるでち!
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

卵巣の摘出手術は、背中の脇のほうをちょこっと切開するだけでできるから、簡単なんだって、リバティーの先生は言ってたよ。よその獣医さんは、お腹を開けちゃうらしいけど、そういうやり方をすると大手術になっちゃうんだよね。

ジャスティスくんへ

頑張ってて大変な時にコメントありがとうね。
そうなんだよね。しおんちゃんの手術の経過を写真で見たけど、日本では女の子モルちゃんの婦人科手術はおなかの中線を大きく開けて一度臓器を全部外に出すんだよ(*。*)だから麻酔も深くなるからリスクも上がっちゃう。
外国だと違う術式もあるんだね。日本はまだまだ遅れてるのかもね。。。

ジャスティスくん、ゆっくりマイペースでモグモグしてね。
いつも応援してるよ!

あ、子宮だと背中からは無理みたい。卵巣だけだと、背中でかんたんにいけるらしい。避妊手術といっしょだからね。人間だと卵巣が大きくなると、いずれガン化するから早々に取っちゃうのがふつうらしいけど、モルモットの卵巣嚢腫はガン化するってもんじゃないようだし、かなり大きくなっても破裂したりしないようだから、とりあえず様子見っていうのはふつうの選択だよね。この先、もし手術を検討する必要が出てきたら、お腹を開けない先生を探してあげてね。

ありがとうね。
梅ちゃんの状態を総合的に考えて一番良いと思えることをその時々で判断して行こうと思ってるよ。

ジャスティスくんは大丈夫?
あんよ、戻って良かった。
美味しくモグモグできますように。