FC2ブログ
2012/04/09

足裏タコさん♪

梅ちゃんはかなりのお水呑兵衛です。
そのため、ちっこ量が半端なく多くていつもゆるうん気味ですが、今年に入ってからゆるうん度が増す日がちらほらあって少々気になっていたので、念のため病院に行って来ました。
足裏タコさん1
触診では特に異常は見られず、ウンチの検査の結果でも、腸内細菌も問題なく良好な状態、ということでした。
ゆるうんはやはり飲水量が多いことと関係があるようです。
人間で言うところの人間ドックのような感じで詳細な検査(絶食状態での血液検査、尿検査&エコーなど)をすれば、もしかしたら多飲の原因がわかるかもしれないけれど、現在病的な所見がなく、お野菜を減らせばゆるうんは落ち着くので、検査のストレスを考えてもう少し様子を見ることにしました。



ハルはバッチリ健康ですが、先日1200gを超えておなか周りがムチムチになり、メタボが若干心配だったので念のための健康診断で同行。
足裏タコさん2
まず、体重について。
大きいですね、と言われました(汗
ただ、骨格そのものが大きいので現段階では「太り過ぎ」まではいってないようですが、体重が重くなると足裏にも負担がかかるそうなので、「これ以上太らせないように」と言われました



その『足裏』ですが、最近何人かのモル飼いさんたちのブログで取り上げられている足裏の赤味、ウチの2モルも気になっていたので相談してみました。
梅ハル共に「タコになってますね」と言われました。



ハルの右足裏
足裏タコさん3
コレはペットとして飼われているが故の『現代病』だそうで、非常に多くのモル&ウサに見られるそうです。
インターネットや飼育書では、「床をやわらかくする」「運動させる」「ケージを広くする」「体重を減らす」などで改善すると言われていますが、EPCの先生曰く、「(それらのことを)やらないよりはやった方がいいですが、やってもおそらくキレイ治ることはない」そうです。



ハルの左足裏
足裏タコさん4
あられもない格好の写真でスミマセン



梅ちゃんの左足裏
足裏タコさん5
足裏タコさん6
梅ちゃんの左足が一番タコが進行しています。
どうしても嫌がって写真が撮れなかった右足は、ハルの左右の足裏とほぼ同じくらいの状態です。



本来モルは、広い草原で餌を求めてウロウロ歩き回って生きる動物ですが、ケージで飼育され、ごはんはもらえるから餌を求めてウロウロする必要もない生活をしているためにじっとしている時間が増えるので、どうしても足には負担が大きくなるんだそうです。
一番の原因が生活スタイルにあるため、床材を工夫したり、ケージを広くしてもなかなか改善は難しいんだそうです。



運動不足を解消するなら部屋んぽ時間を増やせば良いのか、というと、そう簡単なものではないのです。
ウチではハルは放し飼いでリビングを我が物顔に占拠してるので、敷地的に狭いということはおそらくないんですけど、
足裏タコさん7



当然『上げ膳据え膳』なので、餌を求めて野生本来のような運動をするわけではもちろんなく、『らいおん邸』でまったりしてるようじゃ、広いところで暮らしていても意味がないそうです。
足裏タコさん8
完璧、他モル事の様ですね。 キミのことですよ、ハルちん。
「人間も動物も、『運動する』ってのは大変なことなんですよ」と先生はおっしゃってました。



赤味ですが、角質化してタコになったり、多少の赤味は大した問題ではなく、「炎症していなければ大丈夫」なんだそうです。
言ってみれば、私たちのかかとがもはや赤ちゃんのかかとのようにはならないのと同じ、とおっしゃってました。
タコになるならいっそ硬くなってしまった方が炎症しにくいそうです。
というわけで、梅ハルは現状維持+日常的に良く観察することを勧められました。



抱っこが嫌いだったりすると頻繁にチェックするのが難しいために、気が付いた時には炎症が進んでしまっている、というケースが多いのが問題だそうです。
そういう意味で、日常的に良く観察することの大切さを強調されていました。
足裏タコさん9



床材については、正解は一つではないので、飼い主さんの観察と環境的な便宜によりますが、基本的には排せつ物が下に落ちるようにしてあげることと、足裏の1点に負担がかからないような材質にしてあげれば大丈夫、ということでした。
足裏タコさん10



ウチは金網の上にバミューダをフカフカに敷き詰めている日が多いですが、長時間留守にすると敷いてある牧草を食べちゃって局所的に敷き牧草が薄くなってしまうこともあるので、プラスノコの上に牧草敷きにしたら一番安全でしょうというアドバイスを受けました。
プラスノコだけ、敷き牧草だけ、という使い方はあまりお勧めしないと言われました。
足裏タコさん11
「正解は一つじゃない」という一言に尽きるんだなぁ、と改めて実感しました。
ウチは2モルですが、性格も生活パターンもトイレの習慣も見事に違います。
先生はアドバイスをくださいますが、1モル1モルを常に良く観察して、その時のその子に合った環境を整えられるのは飼い主しかいないんですよね。
試行錯誤は続き、悩みは尽きませんが、それこそがモルと暮らす醍醐味なのかもしれませんね



~おまけ~

始終カキーンとド緊張だった梅ちゃんに対し、あくまでマイーペースのハルちんは、こんな場所でもおうちと変わらず梅ちゃんの匂いにホヒホヒでした(^_^;)

キャリーのフタを開けるなり、
足裏タコさん12



隣の梅ちゃんのキャリーにダイブしてました
足裏タコさん13



今日書いたことは、私がお会いした先生が梅ハルのために下さったアドバイスで、必ずしもすべてのモルちゃんにとってベストなことではないかもしれません。
参考の一つとお考え頂ければ幸いです







おいしゃさんはキライだけどがんばった梅とハルちんにポチしてね♪
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

フリーズ梅ちゃん

梅ちゃん、お目々が!お気の毒だけど、でもかわいい^^
さすが、らいおんハルくんは大物ね^^


そうですか。とてもお勉強になりました。
抱っこすると悲鳴なので、めるちゃんは 遠目で観察するだけなのですが、それでは少し心配ですね。
何とかお近づきになって、もうすこし健康チェックしなければ。

参考に致します。ありがとうございました。
そういえば、家もそろそろ健康診断の時期でした。
3モル同行はたいへんかも。
キャリーは2個しかないし。もう1個調達しなくちゃです。

詳しく書いてくださり、ありがとうございました!
なるほど、と思える点がいろいろありました。

モル1匹1匹の生活リズムやクセ、体格、動きかたも違うだろうから
みんなが同じ環境でいても、みんなが調子よくいられるわけじゃなく
だからこそ、飼い主の観察と、そのコにあった環境作りが大切なんですね。
うちは、うさぎ用ケージ⇒クリアケージときて
最終的に落ち着いたのが、わんこ用のサークルなので
長い間プラすのこも敷き牧草もしていません。
これでほんとにいいのかな・・・って、気になるところは多々ありますが
広さや高さに慣れてしまっているだろうから
無理に変更するストレスを考えると、なかなか難しいものもあります。
抱っこ大嫌いなので観察もこれまた難しいところですが
何でも手遅れになるのが一番やっかいなだけに
出来るだけ定期的に足裏事情をチェックしていきたいと思います!

ハルちゃん、1200gもあるんですね。
うちは元々900g弱だったのに、あの食欲不振を経て800gを切ってしまいました。
足裏も気になってますが、実はそっちもすごく気になっていて・・・の最近です。。

と、いつも長々コメント入れちゃってごめんなさい(>。<)

抱っこが好きじゃないモルの健康チェックって
大変ですよね^^;
体型の割りにすばしっこいから
捕まえるのも大変で・・・。
毎回抱っこする時は
飼い主の精神統一から始めますw

うちのモルズも足裏タコさんです~。
スノコだと排泄物が落ちるからいいんですが
掃除が大変だし、
ペットシーツは掃除が楽だけど
モルが排泄物と一緒になっちゃうしな~・・・と
毎日悩みます。。。
頭がウニです~(@ @)

だいりさんへ

梅ちゃんのお目目、実は私も楽しんじゃいました^^w
でも、おやつは躊躇もせずしっかり食べてたので、そんなに深刻に緊張してたわけでもなさそうですけど^^;

めるちゃん、抱っこで悲鳴ですか^^;
女の子はみんな女優さんですね~
梅ちゃんも数か月前までは何をしても「きゃー」で、抱っこも自粛してましたが、馴れてはいなくても、ウチにも私にも慣れてきたことがわかったので、きゃーきゃー言われても少しずつ抱っこするようにしていったら、抱っこも随分慣れました。
最初に捕まれるのが好きじゃないみたいですけど。
両手であご撫でされたら抱っこされるってわかってるみたいですが、最近は逃げ回らなくなったので、「しょうがない、だっこさせてやるか」って感じですかね^^;

梅ちゃん、カキーンと固まって、お目目がまん丸になってますね。(^^)
でも、しっかりピーマンは食べるんですね。
うちの仔は、前回病院に連れて行った時は、カキーンとなって
お野菜も食べれませんでした。

色々参考になるレポート、ありがとうございます。
うちの仔、抱っこすると、この世の終わりの如く暴れまくって
じっくり足裏なんて見る事が出来ません。
(元々真っ黒けなのでよくわからない)
今度、ご機嫌な時に嫁と2人掛りで、ちゃんとチェックしてみます。

ノンノンさんへ

住まい選び一つから、その子その子によっていろいろ違いが出てきますよね。
ウチは梅ちゃんがどうしてもべた床がダメで、金網+牧草になりました。
下に落ちるスタイルで足にやさしい…ってとっても難しくて、自然の素材なら大丈夫だろうと思っていたのですが、赤くなってきたのでびっくりでした。
「人間のかかとと一緒」と言われれば、お手入れは必ず効果があると思いますが、2モル毎日お手入れ…というのもなかなか難しくて…*。*
出来る範囲で頑張ってみようと思います。
まずは炎症させないチェックを毎日こまめに…^^

ハルは病気の仔モル時代の印象が焼き付いているために、「骨格が大きい」なんて言われると思いませんでした。
確かに、いつごろからかズッシリするようになって気になってましたが、骨格が小さい子なら適正体重はもちろん変わってきますよね。
小柄でも食欲が安定していいウンチが出ていれば、それはその子にとっての適正体重、健康の証だと思います^^w
安心できるお医者さんが見つかって健康診断が受けられるといいですね^^

ami子さんへ

「モルの抱っこは飼い主の精神統一から」
むむむ、名言ですな(笑
ハルはわりと楽に抱っこできますが、梅ちゃんは追いかけっこになっちゃうと大変なことになるので、両手であご撫でしながら精神統一してサッと捕まえます^^;

床材はモル飼い永遠のテーマですよね…
まる氏&うに坊はシーツ食べないなんて良い子ちゃんたちですね。
ウチも最初はシーツ+薄く牧草でしたが、梅ちゃんのシーツの食べ方が半端なく…(泣
バミューダを薄く敷いてあげるだけでも、表面のちっこのハケがだいぶ違いますよ。

yukazuさんへ

ぶぶたんも通院でカキーンとなりましたか(笑
小一時間かかる車で移動中はハルの方がじーっとしてましたが、梅ちゃんは牧草むしゃむしゃ。。。
病院に着いたら梅ちゃんの「カキーン」が始まりましたが、ピーマンを差し出したら躊躇なくガツガツ食べてたので、そんなに深刻な「カキーン」でもないんだと思います^^;

ぶぶたん、あんよ黒いから、爪切りもタコチェックも難しいですね。
でも、タコは特に心配ないなら、赤味が見えない方が飼い主的には安心できますよね^^

梅ちゃんの表情!!!緊張度合いが伝わります。
でもピーマンを食べるのはモルの王道でしょうか(笑
足裏は気になりますよね。
乾燥時期でもあるのでいつもよりカサカサが目立つのかな。
らん(☆)の足裏が赤くなった時はミツロウでクリームを作り塗ってました。
口に入っても大丈夫な材料で保湿するのが定番なのでしょうか?
人間の踵・・・この例えはなるほど~!ですね。

りんちょさんへ

ミツロウですか。初めて知りました。
クリームの作り方、あとでりんちょさんのブログにメアド送るので、良かったら教えて頂けますか?

ヒトのかかともお手入れ次第なので、お手入れは継続すれば確実に有効ですよね。
モル友のヒロさんはホホバオイルでケアをしてきれいになってました。

取り急ぎ、梅ちゃんの左足は緩和してあげたいので、早速お手入れしてみようと思います。

難しいですね。
でも飼っている以上は、しっかり考えて最適にしてあげたいですからね。
とても参考になりました。ありがとうございます!

敷材にバミューダ敷いているのですが、やっぱりスゴイ勢いで食べてしまいますw
敷材の方が美味しいってのも問題アリなんですかね?w

梅ちゃん、真っ赤ですね。
昔飼ってたポリーも、手がかたくなって、かさぶたになりました。掲示板で相談したら、みなさんお返事を下さって心強かった。
2007 モルモットの手 / 足底潰瘍 
  http://blog.goo.ne.jp/iloveguineapig/m/200710
モルモットの手 その後 / 足底潰瘍
 http://blog.goo.ne.jp/iloveguineapig/m/200711
ポリーの場合は、おしえてもらった、低反発マットの切れ端を安く買えて、80X80cm の 箱2つに、敷き詰めました。
手の写真で、黒くなって見えるのは、かさぶたを取って洗ったからです。たしか、色は赤かったと思います。私は、簡単に考えてたので、みなさんから、病院に行く前に知識を得て、先生に、色々相談する事ができました。低反発マットのせいか、かさぶたは無くなりました。
(今、低反発マットの切れ端は、なかなか買えません。前は切れ端は、使い道が分からなくて捨ててたのかも知れません。今は、業者も賢くなって、ペットショップで犬用とか、きれいな布でくるんだ低反発マットがたくさん売られています。)
どうも、床が固いとなるらしんですね。でも、私はけっこうたくさん新聞紙敷いてたし、他の3匹のうち、2匹も重かったのに、固くなってなかったんですよ。体質なのかしらね。

↑今、読み返したら、
URLの、アドレス書いたのわかりますか?
少しスクロールして、下がったら、見つかります。
分かりずらくてごめんなさい。
(掲示板に書いて下さった方たちは、かなりのベテランさんです(^ー^)。)
はやく、良くなりますように。

JSTHさんへ

おはきなちゃんもバミューダ好きですか。
バミューダ、食べない子もいるみたいですが、梅ちゃんは大好きで、バミューダ敷いてるとチモシーがあんまり減らない日もあるくらいです。
しかも、床材が一番必要なところで集中的に食べちゃったりするんですよね^^;
プラスノコの上にバミューダにしたら、以前ほど網下に細かいのが落ちないですし、なかなかいい感じです。
ホントはふわふわの床がいいのかもしれませんが、ちっこ量も多いのでそれもままならず…
悩み続けてハゲそうです(泣

nanaさんへ

ご経験を分かち合ってくださり、ありがとうございます。
低反発ですか・・・良さそうですね。
気持ちも良さそう^^w
梅ちゃんはちっこの量が半端なく多く、トイレの場所が定まらなくて基本全部トイレなので(泣)、ケージ全体の床材は排せつ物が下に落ちる構造じゃないと難しいんですが、くつろぎスポットになっているおうちのお屋根の上を低反発でフカフカにしてあげることは可能かも。
良いアイデアを提供してくださってありがとうございます!
早速考えてみます。

いきなりダイブされて梅ちゃんもびっくりしたでしょうね(*´艸`*)
ほんとハル君がいると笑いが絶えなそう~(笑)


モルの足裏は梅ちゃんのと全く同じです。
茶色い皮膚が赤くなってるんですよね(_ _;)
蒸しタオル&ワセリンでガサつきは解消したけど赤みが引かず、柔らかいマットレスを敷いても効果なし...でもそんな悩みごとが今回の記事を読んで解消しました。
そのコにあった対応をするというのも、そうだよね!と思いながら読みました。
個性豊かなモルっこ達、一緒に暮らしてる飼い主がそのコにあったスタイルを見極めてあげなきゃですね(*^-^*)v
参考になる記事、ありがとうございました!!

運動不足改善は難しいですねu
広いスペースをとっても食っちゃ寝しかしないし。。。
少しでも歩くように、ペレットを数箇所に分けて設置してみようかな(^^;)