FC2ブログ
2013/06/24

副作用。

膀胱炎治療中の梅ちゃん。

副作用3

ニューキノロン系の抗生物質(バイトリル)服用4日で気になる症状が出ました。

副作用4

今までの経過。

6月19日(水) 
夜 血尿確認。排尿痛があるらしい。食欲はあり、お水もよく飲む。しばらく様子を見ていて、排尿痛が和らいでいるようだったので、翌朝かかりつけに受診することに。

6月20日(木) 
朝一で採尿して受診。尿検査で潜血が認められ、膀胱炎と診断。抗生物質1週間分が処方される。帰宅後、朝の分を投与。通院時、体重1001g。

6月21日(金) 
投薬2日目。飲・食ともに旺盛。元気。夜の体重1037g。

6月22日(土) 
投薬3日目。飲・食ともに旺盛。いつもよりペレットをよく食べる。朝の体重1033g。夜の体重1040g。部屋んぽで、らいおん邸のシーツ下のコルクマットをほじくり出してかじる。イタズラするほど元気なのだと思う。お水を飲んでいるわりには、シーツの濡れ方がいつもより少ない?

6月23日(日) 
投薬4日目。問題なく食べている様子。飲水量は昨日、一昨日よりは少な目だけど、普段通り。お掃除の時、いつもの梅ちゃんにしてはシーツの濡れ方が少ない気が。午後の体重1057g。過去最高を記録。部屋んぽ中のかじりたがりがエスカレート。コルクマットのみならず、木製のソファーの柱をしつこくかじる。チモシーで編んだ座布団をあげたらひたすらかじる。以前、もるーさんとくるちゃんが抗生物質の副作用がおなかに出た時に木とか硬いものをかじりたがったことを思い出し、もしかして副作用?と気になる。夜遅くには黒豆の数が減り、色も薄茶色に。

6月24日(月)
朝の体重1082g。おなかが明らかにふくらんでいる。おしっこもウンチも出てはいるけどいつもより少量。黒豆は薄茶で軟便。病院に問い合わせると、投薬を中止するようにとの指示。牧草もペレットも食べられているし、お水も飲んでいるので、薬を中止して少し様子を見て、心配な様子があったら連れて来るようにとのこと。通院のストレスは心配だけれど、様子を見ていて手遅れになると困るので、すぐ通院。

副作用1

おなかが硬くはないけどかなり膨らんでいます。
それでもキャリーの床に敷いたバミューダを少し食べていました。
水分補給のレタスは完食。ピーマンはめずらしく残す。
やっぱり食欲は少し低下しているよう。

触診の結果は、おなかの膨満感はあるものの、腸の様子は悪くないとのこと。
おしっこの量がいつもより少ないかも、ということを告げると、念のためレントゲン検査をすることに。
結果は、結石の心配はナシ。
胃にも腸にも食べたものがたくさん入っているけれど、詰まっているわけではないとのこと。
ただ、食べ物の流れが悪くなっていて、便秘気味なのかもということ。
ウンチが詰まっているわけでもなく、膀胱におしっこもたまっていない。
おなかにたまっている食べ物のせいで膀胱が圧迫されていて、頻尿気味になっているようです。

副作用2

処方されたお薬について訊いてみると、バイトリルはモルモットに処方できるニューキノロン系の抗生物質の中でも一番リスクの低いお薬だということ。
以前、掲示板やブログで怖い記事を何度も目にしていたのでリスクについて訊いてみると、他の薬よりもたくさん使われているため、副作用の出た件数が多いように見えるのかもしれないと言われました。
先生が診ている動物園のモルちゃんたちにもいつもバイトリルを使うそうですが、中には具合の悪くなる子もいるけれど、リスクは一番低い薬だそうです。

梅ちゃんは1日2回、4日間(8回)服用しました。
膀胱炎の症状は収まったようです。(尿検査はしていませんが)
バイトリルは投薬をやめてから身体から薬の効果が抜けるまでに24時間かかるそうです。
昨夜の投薬が最後なので、今はだんだん効き目が緩やかになりながら、身体から抜けていっている段階です。
ほとんどの場合、バイトリルの副作用は食欲減退と下痢だそうですが、梅ちゃんは食べられているので、すぐに薬で対処するより、薬(バイトリル)をやめて薬の効果が身体から抜けて腸の動きが活発化するのを待つ方が良いということでした。

副作用5

病院から帰った後、通院の疲れもあり、おなかが重くて動きが緩慢で食は細くなっているようですが、ペレットを食べてお水を飲んで、牧草も頑張って食べています。
少ない黒豆がかなりやわらかくなっているのは気になります。
もうすぐお薬の効果が身体から抜ける24時間が経とうとしています。
なんとか頑張って食べ続けて、腸の働きが回復してくれることを祈ります。

頑張れ梅ちゃん!





がむばるれしよ!
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

梅ちゃん、心配ですね。
うちの仔も、バイトリルで、普段齧らなかった物を齧ったり、
黒豆さんが減って、体重がかなり増加しました。
抗生剤の投与を中止して、1日過ぎると食も戻って来て、
黒豆さんも普段どおり製造されだしました。
ただ体重の方がなかなか元に戻りませんでしたけど。(T_T)
梅ちゃん、早く良くなる様に祈ってます。
頑張れ、梅ちゃん!!

普通齧らないものをかじるというのは多く見られるのですね
うちもそうでした
イライラするのか口が気持ち悪いのかな?
食力はあるとのことで、梅ちゃんえらいですね、
お医者さんも経験豊富で安心できそうです
読んでいてとても勉強になりました

梅ちゃんあとちょっとだよ!がんばろうね!!(^v^)

yukazuさんへ

ぶぶたんもそうだったんですね。
おなかに来たら食べなくなって体重が減るものだと思ってました。
おなかがぷよぷよに大きくなっちゃってビックリです。
やっぱり中止して1日の辛抱なんですね。
早く元気な黒豆さんが見たいです!
みなさんの経験談を聞けて心強いです。
ありがとうございます!

チョコママさんへ

チョコちゃんもですか!*。*
私の周り、ほとんどみんな副作用出てるみたいです。
先生はそこまでリスクがあるとは思ってないようでした。
それでも、他の抗生物質よりは良いらしいので、モルに抗生物質は本当に難しいのだと実感。
最後にお薬を飲んでから24時間経ったので、これから回復方向に向かってくれるとよいのですが…
経験を分かち合ってくださってありがとうございます。
とても心強いです!

梅ちゃんもママさんも、頑張ってますね(><)
信用できるお医者様にかかれて、安心できそうですね。

今、うちではこむぎが不調です。
明日にでも病院に行こうかと思っていますが、
抗生剤の副作用のブログが気になり、
躊躇しがちになっていました。
リスクの少ない抗生剤もあるんですね!
とても勉強になりました。

梅ちゃん、頑張れ~!!

梅ちゃん、がんばれ~(TT)
心配で気になってたまりませんでした。
そんなことになっていたのですね。
お医者さんが信頼できる方で良かったですね。
明日にはお薬が抜けて 元に戻ってますように。

とても勉強になりました。
後は梅ちゃんの回復を待つばかり。
しつこくもいちど
梅ちゃん、がんばれ~。

虎白さんへ

こむぎちゃん、具合悪いんですか?
抗生物質が必要なような症状なのでしょうか?
梅ちゃんもハルちんも仔モルの頃、何も知らずに近所のお医者さんでもらった抗生物質のお世話になったことがありました。
梅ちゃんは5日、ハルちんは断続的に3週間くらい服用したのですが何ともなかったんですよねー…
あの薬は一体なんだったんだろ?聞いとけばよかったな…。
薬に対する感受性は個体差が大きいようです。
こむぎちゃん、早く回復できますように…

だいりさんへ

応援ありがとうございます!
梅ちゃん、頑張ってます(^_^)v
昨日、記事を出した後下痢をしまして焦りましたが、本モル、形にならないウンを一生懸命食糞して元気になろうと頑張ってます。
おなか、痛いのか、気持ち悪いのかわからないけど、とにかく普通じゃないのに、一生懸命食べてる姿が健気で泣けます(T_T)
もるーさんやくるちゃんの経験からも、一度おなかのバランスが崩れてしまうと、回復には時間がかかるみたいです。
一番最悪の時は越えたように思います。
じっくり励ましながら、少しずつ着実に回復して行けるように頑張ります!^▽^w