FC2ブログ
2014/11/27

梅ちゃん膿瘍。

☆記録のため、膿と傷口の写真あり。苦手な方はスルーしてくださいm(_ _)m



一昨日から昨日にかけて、1泊モ留守番をした我が家のお子たち。

昨夜、帰宅して抱っこした時に、梅ちゃんの腿の外側に大きなしこりを発見(汗

しこりの大きさ、直径2cm強。

経過観察中の背中のしこりは1㎝くらいなのですが、

その4つ分くらいはある大きさです。

輪郭がつまめるし、プヨプヨしているので、

おそらく悪性の心配なデキモノではないとは思いましたが、

大きさが大きさだけにびっくりしました。

本モル、痛がっている様子はなく、食欲も元気もあり、

体重も正常範囲内だったので、

夜間救急には連れて行かずに、今朝一番でかかりつけに通院。


またびょーいんれし?
梅ちゃん膿瘍1

急激に大きくなるプヨプヨのしこりは膿瘍である可能性が高いので、

針で刺して中身を見て、膿瘍だったら吸い出しましょう、ということになりました。


マ、マジで?
梅ちゃん膿瘍3

処置中、梅ちゃんの悲鳴が聞こえたら辛いな…と思いましたが、

キューの一声もなくスムーズに済みました。

やはり膿瘍でした。

吸い出された膿を見せてもらいましたが

梅ちゃん膿瘍4

灰色のペースト状で、量が多くてびっくりしました。

膿瘍は痛くはないそうです。

毛根や、ちょっとした傷から菌が入って出来るので、

皮膚が薄くて傷付きやすいモルモットには多く見られる症状だそうです。

どんどん大きくなるので、早めの処置が必要です。

膿瘍は一度出来てしまうと、皮下に膿がたまる袋状のスペースが出来てしまい、

中の膿を吸い出しても、再発する可能性も高いそうです。

袋ごと取り除いてしまえば根治しますが、

それには麻酔をともなう手術が必要なため、

まずは吸い出して、袋の中を消毒して治療する方法を採りました。

膿瘍を吸い出した穴は、内部洗浄のためにわざとあけっぱなしにしてあります

梅ちゃん膿瘍5

この穴からスポイトで皮下の袋状の部分に消毒液を流し込んで

袋の中を洗浄するという処置を、最低1週間、

出来れば傷が自然にふさがるまで2週間続けなければなりません。

痛みはない、と言われても、少量だけど出血してるし、

そこの皮膚をつまんでスポイトを穴の中に入れて消毒液をチュー…

先生の模範演技を見た時には気が遠くなりそうになりました。

コ、コレをワタシが自分でするのですね…(*。*;)


大丈夫れし?
梅ちゃん膿瘍6

だ、だいじょうぶじゃないれしけど、

コレが出来なかったら内服で抗生物質と言われたので、

抗生物質は極力避けたいから頑張るれしよっ!!



梅ちゃん本人は処置でメゲた様子も全くなく、


お元気れしよ♪
梅ちゃん膿瘍2

キャリーの中でお野菜と牧草をご機嫌でモグモグ♪

梅ちゃん膿瘍7

そして、おなかがいっぱいになったらすぐに、まだ少々出血している傷口を下にして


どてっ。
梅ちゃん膿瘍8

っと横になり、白目をむいて爆睡していらっしゃいました。

床に血が付いてたりするのを見ると生々しいのですが、

どうやらホントに痛みはないようです。

それでも、傷口を見ると、そこにスポイトチューする自信はやっぱりなく、

明日は多分、また先生のところに行くことになると思います。。。





梅、がんばったれしよ♪
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

梅ちゃん、、、( ; ;)
読んでて、なんかもう体がよじれました。
腫瘍、、、の膿、量がすごいですね。
ビックリです。想像以上でした。
痛くはないとの事なのでそれは救いですね。
痛さでキュイキュイ鳴かれちゃうと
飼い主の胸がイタイ、、、。
そして腫瘍の穴からスポイトでチューって、、、。
勇気と技術が若干要る作業ですね。
(>_<)

梅ちゃんが早く良くなりますように!
でもなんでいきなりそんな大きなものができたんでしょう、、、。
遊んでて傷をつくっちゃったんでしょうか?
ママさん、頑張って下さい(>△<)

梅ちゃんT^T

先日いろいろ相談に乗っていただいた、ひまわりです。
梅ちゃん、腫瘍ができちゃったんですねT^Tでも、大事に至らなくて安心いたしました!
エキゾチックアニマルにたけた先生が近くにいて本当に羨ましいです!
私はなかなかロールに合った病院がみつからず。。セカンドオピニオン中です。。
相談していた体調ですが、一回良くなりまた昨日の寒さで黒豆不調、ビオフェルミンを少し与えて回復したところです。
まだまだ油断は出来ないですが暖かくしてあげて、ゆっくり過ごしてもらいます(*^_^*)
梅ちゃん!お疲れさま!
おやつ沢山もらって、回復してね!

あれま、梅ちゃん、今度は脚に膿瘍ですか!?∑(*゚ェ゚*)
でも、記事を読んでいると、梅ちゃん自身には痛みも無く、
病院で処置を済んでいるとの事で、ちょっと安心です。
これからママさんのスポンジ ちゅーの消毒作業、
梅ちゃんの為にも頑張って下さいね。

梅ちゃん大変でしたね。
家の子も、最初の見立ては膿瘍で、袋が出来るので麻酔して取り出すか、何度も掻き出すかって言われましたので、何度も掻き出すのは無理っぽいなと思い、切ってもらいました。

「皮膚をつまんでスポイトを穴の中に入れて消毒液をチュー…」
を2週間繰り返しやるんですね。

梅ちゃんに痛みが無い事は少し安心ですかね。
これから大変でしょうけど頑張って下さい。

ひゃー、梅ちゃん!災難ですね!
でも痛みがなさそうなのは本当に良かったです…けど、
ママさんが頑張らないとなのですね。。
私なら情けないけど毎日病院に通いたくなります。
ママさん、ガンバです!

詳細なレポートありがとうございます。
こういう記事はすごく為になりますね。
しかし、処置方法がまったくうちのやり方と同じで、納得です!
スポイトというか、うちはシリンジを使ってますけどね。
うちではロングとレックス(テデx)の仔に多い症状ですけど、
血統にもよるかな。皮膚の弱い血統というのがあるかも。


うわわわわっ!こんなモノが梅ちゃんの中にΣ(・□・;)
さぞ驚かれたと思います。
私も画面の前で目が点になりました(汗)

スポイトを自分で、なんてハードル高すぎますよね(>_<) また通院の日々になって大変かとおもいますが、頑張って下さい。ママさんも梅ちゃんも...。

梅ちゃん、ファイトれしよ!

ami子さんへ

ご心配いただきありがとうございますm(_ _)m

何で出来ちゃったのか、原因の特定は難しいみたいです。
しおんさんとじゃれ合ってて傷になっちゃったのか?
自分でカイカイして…という可能性も。
モルモットは皮膚がとっても薄いので、ちょっとじゃれ合っただけでも傷になる事はしょっちゅうあるのだそうで。
梅しおん、お互い楽しそうに遊んでるし、しおんさんが梅ちゃんにじゃれつくのも攻撃性は全くないので、もうコレは仕方ないですよね。
再発してもちゃんとケアできるように、ワタシ、スポイトチューの名人にならなくちゃ(^^;

ひまわりさんへ

ご心配いただきありがとうございますm(_ _)m

先生のところは車で40分かかるので近くもないのですが、我が家も散々転々としてやっとたどり着いたところです。
幸い、我が家の子たちはお出かけが超NGというタイプでもないので(好きではないですが)ギリギリ通えるところかな。
モルに詳しいお医者さん、ホントに少なくて心細いですよね。
ロールちゃんに合ったお医者さんとめぐり会えると良いですね。
ロールちゃんも早く完全復調できますように(^^)

yukazuさんへ

ご心配いただきありがとうございますm(_ _)m

膿瘍について飼育ページなどで読んではいましたが、ビックリしました(*。*)
大きさにギョッとしましたが、深刻なものではないので一安心です。
梅ちゃんは以前に抗生物質で副作用が出ているので、再発のリスクを考えると、私がスポイトチュー名人になるしかないですね(^^;

yukazuさん、東京出張なんですね。
聖地にいらっしゃるご予定は…?(笑

桃太郎君ちのオットさんへ

ご心配いただきありがとうございますm(_ _)m

梅ちゃんの膿は幸いやわらかかったので、注射器で吸い出せたので良かったです。
ワタシが以前、似たような症状を経験したことがあるので、袋をキープするときのリスクはよくわかります。
ワタシは結局、3度目に再発した時の症状がひどくて袋ごと取りましたが、梅ちゃんは昨年、抗生物質で副作用が出ているので、出来る事なら手術は避けたいんですよね…
ひとまずは消毒がんばって様子見です。

だいりさんへ

ご心配いただきありがとうございますm(_ _)m

ワタシも昨日、先生がやるのを見た時にはスーッと意識が遠のいて、一瞬先生の言葉が聞こえなくなりました(^^;
出来る事なら毎日連れて行こうかと思いましたが、今週は先生の臨時休診などもあり、自分で頑張らなくちゃとぷるぷる気持ちを奮い立たせて、先ほど、第一回目の消毒を無事クリアしました。ふー。
傷口には血がにじんでいるし、患部が腫れていて、ホントにこんなで大丈夫なの?と思いましたが、思い切ってやってみると梅ちゃんの皮膚の下で何が起こっているのかだいぶわかりました。
嫌がるけど、痛みはそれほどないみたいなので、それが救いです。

ウォルターズさんへ

ご心配いただきありがとうございますm(_ _)m

書き込みを拝見し、安心しました。
いざ消毒!と思ったら、血で毛が張りついてるし、患部が腫れてるし…でかなり動揺しましたが、先生に電話で確認し、思い切ってやってみたら、どういうことになっているのかだいぶわかりました。
ニンゲンの水ぶくれみたいなもんで、外側の皮は痛くないんですね。

ロングとテディ…
テディって確かにフケすごいし、皮膚があんまり丈夫な感じじゃないですよね。
いずれにしても、ケアの仕方になれておけば怖くないですね♪

こばさんへ

ご心配いただきありがとうございますm(_ _)m

発見時、大きさにギョッとしました。
膿瘍ってこんなにも急激に大きくなるものなんですね。
消毒作業は先生のお休みを考えると毎日連れて行くわけにはいかないので、思い切って自分でやらなくちゃ!と思い、腹をくくって決行しましたw
血がにじんで少し腫れいる患部にスポイトを挿す…なんて、あまりの緊張で(ワタシが)終わったらもうお布団に入って眠りたい気分になりました(^^;
嫌がるケド、痛みはほとんどないみたいなので、それが救いです。

梅ちゃん頑張りましたね!
こんなに膿瘍の中が灰色だとは思いませんでした・・・・・。
ブログのUP有難うございます。すごく勉強になります。
スポイトで傷口にチュー・・・・・かなり高度な手業ですよね。
私も毎日病院に連れて行ってしまいそうです・・・・・。
ともあれ、梅ちゃん自身が痛がってないのが救いですよね。
梅ちゃん!早く良くなってね~☆===

梅ちゃん、大変でしたね。
痛くなくて良かった( ^ω^ )
うちのも背中に膿瘍が出来て、夏頃チューっと吸い出したのですが、
また溜まってしまいました。
再発は貯まるのが早いです!
が、相変わらず本人は全くきにしておらず
私がプニプニやっては、どうしようかな~と悩み中です。
そろそろ、またチューっとやらなくては。
ウチの先生は、吸い出して傷口を消毒しただけで、
袋の中を消毒処置の事は言われませんでした。
化膿はしていないので、現在は問題なさそうですが
感染症等を考えると大丈夫かな、と心配になって参りました(^-^;A
今度、先生に確認してみます。

梅ちゃん、頑張ったね!

こんばんは。
あいたたた。
梅ちゃん、よく頑張りましたね!!
スポイトでチューは、大変ですね。
ママさん、頑張ってください!
女優、梅ちゃん、ふぁいっと!!

のんしんさんへ

ご心配いただきありがとうございますm(_ _)m

只今梅ちゃん&飼い主、スポイトチューがんばりちゅーです♪
痛くはないと言われていても、やっぱり嫌がるし、実際に傷にさわるのはホントに怖くて飼い主もビビりまくりましたが、毎日やってるとだんだんコツが分かってきて、少しずつ手際も良くなっています。
再発を防ぎたいので頑張らなくちゃですね。
いつも応援ありがとうございます♪

みーさんへ

ご心配いただきありがとうございますm(_ _)m

梅ちゃん、がんばり中です♪
最初にスポイト渡された時には、ホントにこんなに太いモノを入れて大丈夫なの?とドン引きしましたが、やってみると慣れてくるもんですね。
梅ちゃんも、嫌がりながらも毎日良い子で協力してくれるのでホントに感謝です。
応援、心強いです。
ありがとうございます!

かっぱさんへ

ご心配いただきありがとうございますm(_ _)m

膿は菌なので、吸い出しただけで袋の中に残った菌を退治しないとすぐ再発すると思います。
袋を消毒しても、袋が残っている限りは完治ではないので、再発の可能性は避けられないみたいですが…
また、追って記事にしますが、膿の菌は空気に触れると死ぬそうで、とりあえず今いる菌は叩いてしまおうということで、消毒液を入れながら空気を送り込むという目的で毎日この作業を続けるそうです。
一応2週間と言われていますが、穴がふさがるまで、出来るだけ長い期間してあげた方が良いそうです。
膿瘍自体は悪さはしないとはいうものの、二次感染症が怖いので放置はしない方が良さそうですよ。

先生に言われたのと同じことが載っているサイトを見つけたので、参考までに貼っておきますね↓
http://marmot.siiku.info/byouki/hikanouyou/#more-376

ご丁寧にアドバイス有り難うございます!
そうなんですよね。二次感染が怖いんですよね。
丁度、今日最処理に行くので、先生に相談してみます。

かっぱさんへ

先生に相談されるのが一番と思います。
張りつけたURL、症状の確認で探したものですが、後からよく読んでみたら、自家療法のやり方が「ハンダゴテ」と書いてあってビックリ(*。*)
このサイト、多分獣医さんが書かれているのだと思いますが、普通、素人がこの説明読んで「ハンダゴテ」で処置は出来ないぞー!と思いました(^^;
梅ちゃんも袋温存なので、これからどうなるか…