FC2ブログ
2014/12/03

想定外の展開♪

昨日の記事をアップした後、梅ちゃん、消毒をしようとしたら、開放創が固くなって開きません。
濡れ布巾で傷口をふやかしてみても開かないので消毒は出来ず。
病院に電話して訊いたところ、傷が自然にふさがったのならそれで治療は終了とのことでしたが、ふさがるのが想定外に早かったことに先生も驚いていたので、念のため診てもらいに行ってきました。

ソファーの上でW寝袋中の梅しおん。
想定外の展開1

開放創はすでに中から細胞組織で埋められ始めていて、膿もたまっていないのでこのままで大丈夫とのこと。
順調にいけば、膿がたまっていた皮下の袋は徐々に細胞組織で埋められていき、その過程で膿が再発しなければ、膨らみは残るけれど、それで治癒だそうです。
梅ちゃんの状態だと、普通は開放創が自然に閉じるまでに10日~2週間くらいはかかるそうなのですが、梅ちゃん、5日目の朝にして、すでに閉じてしまってました。
驚異の回復!(*。*)
消毒はイヤ!という梅ちゃんの気合が感じられました(笑

寝袋に入るとお顔を向ける梅ちゃんと、オチリを向けるしおんさん。
想定外の展開2

…ということで、毎朝のスポイトチューは4回やっただけで思いがけずに終了。
しおんさん、やっとねーちゃんと一緒に遊べるね!
と言いたいところなのですが、一つ心配なことが…

寝袋からあんよがはみ出しているしおんさん。
想定外の展開3-1

はみ出しあんよを飼い主にいじられて、一生懸命しまおうとしているしおんさん。
想定外の展開3-2

しまいそこねて、やっぱりはみ出しあんよを飼い主にいじられるしおんさん。
想定外の展開3-3

膿瘍というのは、傷をしたらみんながなるわけではなく、なりやすい体質というのがあるそうです。
梅ちゃんは5月に背中にもしこりが出来ていて、そのしこりも膿瘍である可能性が高いと先生は見ているみたいです。
確かに、触った感じは今回の膿瘍と酷似しています。
背中のしこりは大きくならないし、痛みもないので、現在経過観察中。
針を刺してみればわかるのですが、万が一違う種類の腫瘍だった場合には、針を刺すことによっていたずらに刺激を与えて悪化を招く可能性もあるということで、中身の追及をしていません。

想定外の展開4

背中のしこりも膿瘍だと考えると、梅ちゃんは膿瘍ができやすい体質である可能性が高く、傷を作ってしまう可能性のあることは出来るだけ避けた方が安全、ということになります。

想定外の展開5

ねーちゃん大好きなしおんさん。
攻撃する意図は全くないのはわかっているのですが、ねーちゃん大好きすぎて、ねーちゃんのオチリをつんつんするのがどうしてもやめられないし、一緒にいれば、おやつやおうちを取りっこしてじゃれ合いバトルになったりすることは避けられません。
モルモットの皮膚はとっても薄いので、ケンカや噛み合いにならなくても、じゃれ合った拍子に傷がつくことはめずらしくないそうです。
今回の膿瘍は、原因をピンポイントで特定することは出来ませんが、傷が原因であることはわかっています。
最近、ダイ別ソー取りっこバトルが少々エスカレートしていたので、そんなことも関係あったかな?

想定外の展開6

先生はいつも情報はくださいますが、どうした方が良いかは飼い主さんの判断、というスタンスでお話しされます。
2モル一緒にいれば、傷が出来てしまう可能性は否めません。
梅しおんを一緒に遊ばせるか否か?ということに関しても、何を優先してどこでラインを引くかは飼い主さんの判断、というご意見でした。

想定外の展開8

安全を優先して、完全別居を取るか?
膿瘍のリスクは高くても、一緒に遊べる楽しさを取るか?

多分、膿瘍リスクが高いのがしおんさんだったら、後者を選ぶと思います。
しおんさんはただひたすらねーちゃん大好き!
しおんさんなら、たとえ膿瘍のリスクが高くても、日々のねーちゃんとの時間は何よりもかけがえのないもののはずだから、一緒に遊ばせることを迷わず選べます。

でも、梅ちゃんはどうだろう?
大抵はしおんさんに‘つき合ってあげてる’ことが多く、ひとりでくつろぎたくて、追っかけてくるしおんさんに‘来ないでコール’をすることもしばしば…

想定外の展開9

膿瘍そのものは、早期に対処すれば命を脅かすようなものではないけれど、処置やその後の治療は決してモル本人にとって楽なものではありません。
そんなリスクを承知の上で、一緒に遊ばせるか否か、飼い主、悩むところです…


やめれでち!
想定外の展開7





ねーちゃん大好きでち♪
知ってござるよ♪
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

梅ちゃん、傷がふさがったのですね。
このまま何事もなく完治しますように。
何事も自然が一番ですものね。
ママさんも消毒卒業おめでとうございます。
お疲れ様でした。
同居か別居か…悩ましいところですね。
仲良しの姿はこちらが癒してもらっているところがあるからなぁ。
別居にして、散歩で会った時に、
しおんちゃんのお姉ちゃん大好きパワーが炸裂しませんように。
ウチはマルちゃんはジャイアンなので、
下の二匹と少し距離があります。
じゃれ合ったり喧嘩はしていないのですが、
ご飯の取り合いとかしたのかな。
梅ちゃんと同じく、膿瘍が出来やすい体質のようで、
両顎にも1個ずつしこりがあったのですが、
片方は自壊したようで、かさぶたが出来たと思ったら、
取れたらそのまましこりもなくなりました。
もう片方は大きくならずに4年程そのまま経過観察です。
背中も、このまま治まってくれると良いのですが…

しおんちゃん、やはり似てますよね!
飼い主の欲目じゃなく( ^ω^ )
正面顔が特に。
こちらの記事のおちり具合もそっくりw
なんで、おちりを見るとつんつんしたくなるのでしょうね(笑)

かっぱさんへ

膿瘍、自壊するなんてこともあるんですね。
背中のしこりは小さくなっていく気配もないですが、大きくもなっていないので、いずれ自壊してくれたらいいな~

ウチはケージは別なのですが、飼い主在宅時は一緒に放牧して自由にさせてる時間が長いので、お互いのケージを行ったり来たりで一緒に食べたり遊んだりしています。
その時に、どうしてもしおんさんがねーちゃんを追いかけちゃうんですよね…(^^;
発情来てると梅ちゃんが追っかけますが、しおんの必殺'ちっこビーム’で撃退されてます。
梅ちゃんは'ちっこビーム’のやり方がわからないようで、しおんにツンツンされてやめてほしいとぴょんぴょん飛び跳ねるので、余計に歯が当たって傷になりやすいのかもしれません。
仲良し姿はこちらが癒してもらってる…確かにそうですね。
梅ちゃん的にはおひとり様でも全然OKなのですが、ふたり一緒の姿が見れなくなると思うと、しおんさんだけじゃなくてワタシもかなりさびしいです(泣

梅ちゃん回復しましたか(*'ω'*)
見立てよりだいぶ早い回復力にビックリ!
スポチュー嫌!早く解放されたいれし!って目標があったから超スピーディーに治癒へ向かいましたね♪

一緒に遊ばせるか否か、、、悩みますね。
うちも兄弟を一緒に遊ばせた時は必ずどちらかが攻撃的になり、一方は逃げ回る状態でした。
互いのツンツン攻撃も結構あったので、梅ちゃんの記事を読んでて、よく傷ができ無かったな、悪化しなかったな、と思いましたが、、、。
もしかしたら兄弟は傷ができにくい&しこりになりにくい体質だったのかもしれませんね。
ただ、最初のうちは兄弟の攻防戦がよくみられたものの、成長するにつれてだんだん減ってきました。皆無ではなかったですが。
でもこれは男同士で同い年の話であって、女の子同士で年齢も違うと条件も違いますよね、、、。
梅ちゃんに洋服を着せても難しいのかな、、、。

梅ちゃん、早く良くなって梅ちゃんもママさんも良かったですね。

うちはずっと一頭飼いなので、そんな心配はしてなかったのですが、
多頭飼いは、そんなリスクもあるんですね。

梅ちゃんに傷がつかない方法があればいいのでしょうが。

ami子さんへ

梅ちゃんは着々と回復していて、袋表面が硬く厚く膨らんで、大きなかさぶたになってきています。
今のところ、膿の再発もなく、このままいけば多分いつかポロッと取れそうです。
ホント、回復早くてビックリです(*。*)

兄弟もやっぱりツンツン攻撃はあったのですね。
モル同士、コレは遊びの範疇なんですよね。
膿瘍になりやすい体質の子ってどのくらいいるんだろう?

梅ちゃんはスポチューのトラウマで、抱っこしようとすると逃げますが、抱っこしちゃえばいつになく甘えん坊さんになってます。
しおんさんは相変わらずねーちゃんたずねて三千里やってます。

せ、せつない。。。(泣

桃太郎君ちのオットさんへ

梅ちゃんは膿瘍以来、珍しく甘えん坊さんになってますが、しおんさんは相変わらずねーちゃん探しまくってて、見てるのがなかなかに切ないです(^^;
梅ちゃんが完治したらもう一度だけ一緒にしてみて、やっぱりまたなっちゃうようだったらその時は完全に離そうかなーという気持ちもあったりしますが、先生がおっしゃるには、膿瘍のできやすい場所は顔だったり口まわりだったりするそうなので、もしそんなところに出来ちゃったら梅ちゃんもっとつらいしなー…
悩むところです。。。

梅ちゃんの傷塞がってなによりですね(*^^*)!
消毒いやれし!病院いやれし!
っていう梅ちゃんの気合のなせる技なのか、ほんと良かった良かった!

うちもふたりにするとチュンチュン攻撃しあっています。
今回の記事をみて、私もどうふるのがいいのか考えてしまいました。

イモは姉ちゃんと一緒にい隊なんですが、モルは迷惑そうな感じなんです。
少しずつ仲良くなってきてる、と思ってはいるのですが、、、うーーーん(>_<)
難しい問題ですね。

梅ちゃん予想外の展開ですけど、良い方に展開してくれて、
良かったですね。(^^ゞ
抗生剤も飲まずに、傷の消毒の回数も少なく済んで、
梅ちゃんの体の負担も少なくて、何よりです。(*^_^*)
後はまた再発しない様に祈ってます。

こばさんへ

梅ちゃん、日に日にかさぶたがしっかりしてきて分厚くなってます。
多分、しばらくしたら袋の上側の皮がぽろっと取れそうです。
キレイになって、ちゃんと毛が生えてくれると良いのですが…

やっぱり年の差姉妹はビミョーなんでしょうかね?
というか、一緒に暮らしている姉妹たちの中でも、ホントに仲良しで寄り添ってる姉妹の方が珍しいのかもしれないですね。
大体はどっちかがジャイアンで…みたいなケースの方が多いみたいな気がします。

梅ちゃん膿瘍から1週間が過ぎて、その間ほとんど一緒にしていませんが、さびしんぼうしおんさんはとりあえず毎日寝袋寝んねでごまかしています(^^;

yukazuさんへ

梅ちゃん、抗生物質にならなかったのは本当に良かったです。
かさぶたが溶岩みたいになって分厚く貼りついてるので、そのうちぽろっと取れそうな感じです。
毎日見てますが、膿はたまってないのでとりあえず再発は大丈夫そうです。
スポチューのトラウマみたいで、見ようとするだけで大騒ぎしますが…(^^;