FC2ブログ
2015/07/14

ルルちんの乳腺手術まとめ♪(※腫瘍画像あり。閲覧注意!)

※閲覧注意!

記事のたたみ方がわからず、腫瘍の写真がそのまま出てきます。
苦手な方はスルーしてくださいm(_ _)m




6月15日に乳腺腫瘍の切除手術を受けたルルちん(実家モル)。

記録のために、手術についてまとめておきます。


手術に出発直前のルルちん。
ルルちん、無事終わりました1

しこりを発見したのは5月末。

その前の最後の健診に行ったのは3月5日。その時にしこりはありませんでした。

「男の子の乳がんは稀なので、1ヶ月様子を見ましょう」と言われて帰りましたが、

ブログで記事に出してみたところ、「モル男子の乳がんは多い」という情報が寄せられました。

ルルちん、無事終わりました2

2年前くらいに市内に開院した病院でモルモットを診てくれるところがあると聞いていたので、

まずはセカンドオピニオンと思って連れて行ってみたら、

院長先生は、以前お世話になっていたエキゾ専門クリニックにいらした先生でした。

モルモットの乳がんは男の子が多く、近年の報告では、

(残念ながらモルモットの数字はないのですが、犬、猫、うさぎの場合)

良性であっても悪性に転ずるケースが増えているので、

いずれにしても切除することが望ましいとのことだったので手術をお願いしました。

ルルちん、無事終わりました3

いざ手術となって、以前に拝見したモルちゃんたちの乳腺切除手術の記事を読み返したり、

ご経験を伺っていく中で、多くのモルちゃんたちは転移リスク回避のために、

腫瘍のある方だけでなく、両方の乳腺を切除しています。

ルルちんは腫瘍がある方だけ切除すると説明を受けていたので、

術前に、もう一度その理由について訊いてみました。

乳腺腫瘍が悪性で転移する場合、肺への転移が多く、

もう一方の乳腺に腫瘍が出来る確率は、

乳腺腫になったことのない子に腫瘍が出来る確率と同じであること、

そうであるなら、傷が小さく済んで、少しでも麻酔の時間が短い方が

リスクが少ないからという説明を受けました。

ルルちん、無事終わりました4

モルモットの麻酔のリスクについては、犬・猫の0.1%の約10倍にあたる

1%(100匹に1匹)の確率でリスクが出ると伺いました。

承諾書にサインをするにあたって、飼い主にとってはビミョーな数字ですが、

最悪、麻酔中の急変で亡くなる場合、当たり前ですが、

本モルが苦しむことは少しもないというのが救いだと感じました。

この数字をどうとらえるかはケースバイケースだと思いますが。

情報まで。

ルルちん、無事終わりました5

手術直後の傷の様子。

術前検査で見つかった首の後ろの腫瘍切除後は、

お口が届かない場所なので、通常のナイロン糸で6針縫いました。

ルルちんの乳腺手術まとめ6

乳腺を切除したところは、万が一の自主抜糸のリスクを考えてワイヤー糸で縫合。

ルルちんの乳腺手術まとめ7

ルルちんは11針縫いました。

ルルちんの乳腺手術まとめ8

切除したしこりがこちら

ルルちんの乳腺手術まとめ9

向かって左側が乳腺腫、右側が術前検査で見つかった首の後ろの腫瘍。

病理検査の結果、乳腺は悪性のがん、

首の後ろの腫瘍は良性の毛包上皮腫でした。

ルルちんの乳腺手術まとめ10

術後の反省点は、化膿予防の皮下点滴注射に1週間も通わせてしまったこと。

ルルちんは今まで病気知らずで抗生物質を使ったことがなく、

副作用については未知だったので、術後ということでリスクを回避し、

抗生物質を皮下点滴注射で毎日入れることを選択しました。

が、コレがかなりのストレスとなって、ルルちん、

食欲回復と黒豆製造正常化にずいぶん時間がかかってしまいました。

今回、梅雨時真っ只中で、化膿のリスクという意味では時期が悪かったのですが、

術後は食欲優先で、予防のために余計なストレスをかけない方が良かったと思いました。

しっかり食べて出せるようになれば、免疫力も上がるので化膿のリスクも低くなります。

次回がないことを願いますが、もし次回があった場合は、とにかく食欲優先。

まずはモグモグプリプリが確保できるように看護してあげたいと思います。



ルルちん、術後1ヶ月。

おなかの毛もほぼ生えそろい、すっかり日常に戻ってお元気全開です♪

術前検査で転移は確認されていませんが、転移の可能性がゼロではないので、

これから1年間は、転移のリスクを低くするためのサプリメントを使いながら、

3ヶ月に1度レントゲンで転移の有無を確認する経過観察をすることになります。





ボク、お元気になりましたでしゅ♪うふっ
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ルルちん、がんばりました^^

じょ) ルルちん、こんにちは~~^^ お元気全開とのこと♪よかった~~^^。お傷が大きくてたいへんだったでしょ・・・。これから、おいしーもの たぁ~~くさん食べて、さらにお元気増量しようね! ママさん、たいへん&心配なところ、記録とっててすごいです! 梅ちゃんもお元気復活してますか? しおんさん・・・^^; ハルちん みんなで暑い季節を乗り越えようね♪

摘出されたのみたら、どんなに大変な手術だったかがわかりました。
早期発見と手術をする決断が早くて良かったんですね。

これからの暑い季節、いっぱい食べて乗りきって下さい。

頑張ったね、ルルちん、梅ちゃんも!

ルルちん、改めて大変でしたね。お疲れ様でした(>_<)
今後も転移なく、しっかり食べてしっかり出して、健やかに過ごされますように。
梅ちゃんハルくんしおんちゃんもいっぱい食べて飲んで、暑い夏を乗り切りましょうね(^^)!

傷口からして大手術でしたね。
悪性細胞は変形するんですね。
これから暑い中、通院続くようですが、頑張ってくださいね。

わーっ、、、ルルちんの傷口、けっこう大きいねぇ。リバティーのよりは小さいけど、思ったほど違わないよ。やっぱり、腫瘍を取るのって、たいへんなんだね。。。

ところで、転移を防ぐサプリって、どんなのー?同居人が、リバティーにもあげたいから、ママさんにお聞きしてくるようにって、僕、命令されたんだ。

じょーくんへ

ボク、もうすっかりお元気でしゅ。
ありがとうでしゅ。
梅ちゃんも、しゅじゅちゅはなかったことみたいになってましゅよ〜♪

つむじさんへ

今までブログを色々拝見したり、お友達もるさんたちの手術の経験を通して考える機会があったはずなのですが、実際目の前の現実になるとホントに不安なものですね。
お陰様で2モルとも無事元気になってくれて良かったです。
ありがとうございます♪

おもちさんへ

ありがとうございます♪
ルルちんは先週、急に暑くなったせいか、ちょっと体重が減ったりしましたが、お元気全開です!
頑張って手術を乗り越えたのだから、夏バテしないで元気に頑張ってほしいです。

桃太郎君ちのオットさんへ

しこり自体は1.5㎝と言われていたので傷口も小さく済むと思ったのですが、乳腺を切除するわけなので、やっぱりそれなりの大きさにはなっちゃうんですね。
傷に関しては2モルともすっかり大丈夫なので、夏バテしないように気をつけます。

ジャスティスくんへ

術後組は元気なんだけど、しおんちゃんの膀胱炎が治らないの。
今日先生と連絡とるから、そのときにサプリの名前を聞いてみるね。
なんでも、きのこからとった成分で作ってるモノらしいよ。
わかったらジャスティスくんちのコメントにお知らせするね。

ルルちん、ほんと良かったですね。
めるたんの時よりは小さいけれど、それでも 大きな傷口ですよね。
手術って大変ですよね。めるたんも あんなに大きな傷口だったのに、腸がいっぱいだから、実際にはちいさな隙間で処置したんだよって仰ってました。

ルルちんもホントに無事に済んで良かった~。
術後の変身、なにかありましたか?
(なんてお気楽なコメントできて嬉しい♪)

だいりさんへ

めるたんはもっと奥の処置だったから大変だったと思います。
乳腺腫は皮膚に近いので、めるたんと比べるとだいぶ楽な手術だったはずですが、それでも、根っこまで取りきるためにはそれなりの傷になっちゃうんですね。

ルルちんの術後の変身は、怖いもの知らずにどこでもお散歩に行くようになったことと、ニンゲンにさらに甘えるようになりました(^^)
抱っこしてナデナデすると、くぅ~~~って鳴きながら、気持ち良くて思わずあんよをあげちゃいます(笑