2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうダメかと思った - 2016.07.04 Mon

(備忘録)

6/29(水)点滴注射で痙攣。継続治療は危険と判断。代わりにシリンジ給水をすることに。

6/30(木)お水がほとんど飲めていないので、飼い主在宅時は数時間おきにシリンジで給水を開始。

7/1(金)飼い主、1日在宅出来たので、数時間おきに8回にわけて、シリンジで合計70mlくらいを経口で給水。尿量が増えて、おしっこも見た目きれいになる。

7/2(土)日付が変わって1:40am頃にシリンジで給水をした後、おしっこが出なくなる。

1分半置きくらいに尿意が来て鳴きながら気張るけれども、ぽちっと極々小さな一滴(0.1mlくらい)しかおしっこが出ない。

おなかを見ると、陰部から1.5~2㎝くらい上のところに固いものが触れる。石が詰まった!と思った。

しおんちゃんの闘病中から、結石のことについては調べまくっているので、尿道に詰まってしまったらどうなるかはわかっていた。尿が全く出なくなった場合は数時間で尿毒症が始まる。尿毒症になったら1日で死に至る。

夜中だし、その状態でどうするべきかわからなかったけど、詰まったのなら出すしかないと思い、お水を頑張って飲ませる。

しばらくは少しずつ飲めていたけど、時間の経過とともにだんだん飲めなくなる。液体は無理強いすると誤嚥して窒息につながることもあるため、無理は出来ない。

液体がダメなら食べ物でも、と思っても、気に入って食べていたビタミンごはん(ビタC入りお給餌)も野菜も食べられない。

ケージに戻ると立ったまま、2分と間隔を空けずにやってくるいきみで苦しそう。おひざだと、いきみといきみの間は少し楽な姿勢で休めるので、おひざに置いて撫でながら励まし続ける。

撫でながら、励ましながら、タブレットで色々検索してみるも、出てくるのは全部前に見たことのある記事ばかり。詰まったら1日でダメになる。わかってる。心の片隅でお別れを覚悟する。


いきみの間隔のわずかの間、ちょっとだけホッとするハルちん。
もうダメかと思った4


頑張ってるのに、「ガンバレ」としか言えない。それでも、声をかけて撫でるとホッとするようだった。
もうダメかと思った5

目の前のハルちんは、しんどそうでも、お目目の力を失っていない。何か口に入れておなかを回すことができれば。。。

3:30am シリンジは嫌がるので、もう一度野菜を試してみると、株ごと差し出したみつばの葉っぱだけムシャムシャ食べた。

おしっこのいきみが絶えず来る中でもみつばを食べているハルちんを見て、ホントに強い子だなぁと感心した。「長くはもたない」と言われながら、頑張って食べ続けて元気になった病気の仔モルだったことを思い出す。


1分半ごとにいきみが来て苦しい最中でみつばを食べるハルちん。
もうダメかと思った1


お写真だけ見ると、とても苦しそうには見えない。どんな時も笑顔に見えるハルちん。
もうダメかと思った2


食べるのは葉っぱだけ。茎はすべて梅ねーさん担当。
もうダメかと思った3

みつばが食べられたことと関係があったかどうかはわからないけど、4:30amを過ぎた頃から、じんわりおしっこがにじみ出るようになった。石が少し動いたのか?

その後は口からは何も入らなかったけど、おしっこが少量ずつでもじんわりにじみ出るのが続き、いきみの間隔が徐々に広くなる。

じんわりじんわりなので、どのくらいのおしっこが出たのかははっきりわからないけど、おしっこが出た分は飲めるんじゃないかと思い、6:30amにシリンジ給水とお給餌を再度トライ。9mlお水が飲めて、ビタミンC入りお給餌も3ml食べられた。

いきみの間隔が広くなって(5~10分くらい)だいぶ楽になって来たので、自分で何か食べられないかと思ってケージに戻し、野菜、生牧草、牧草、食べられそうなものをいろいろ入れてみる。モグモグは食べられないけど、匂いを嗅いだり、興味は示す。

その後、私がケージの前で30分ほど寝落ちてしまい、7:00am過ぎに目が覚めると、ハルちん、腿の周りがビショビショに濡れていた。おしっこがたくさん出たみたい。石が出たの?と思って草を全部取り出して探したけど、石は見つからなかった。

夜中のうちに留守電にメッセージを残しておいたので、朝一で先生から連絡が入った。状態を話すと、一度尿道をふさいだ結石がまた膀胱に戻ることもあるそうだ。

10:00に予約が取れたので、採尿して病院へ。レントゲンで確認すると、石はそのまま。2つ。いろんな角度でサイズの確認をすると、大きい方が5~6ミリ、小さい方が1.4~1.8ミリ。大きい方が膀胱の出口の尿道に近いところにあった。この2週間で石自体にはほぼ変化はナシ。

見た目は透明なおしっこでも潜血は+++。身体に水分を廻らすよう頑張った甲斐あって細菌感染は治まっていたので、抗生物質は今ある分(あと2日分くらい)を飲みきって終了となる。細菌感染が無くなれば、それだけでも痛みはだいぶ楽になるそうなので良かった。

排尿痛は少し楽にはなっているようだけど、この一件が身体に与えたダメージは相当大きかったみたい。夜間はそれなりに飲めて、食べているけど、昼間は寝ていることが多い。

しおんちゃんが不調の時もいつもそうだったけど、具合が悪いと夜行性の傾向が強くなるように思う。

普段も夜の方が活発なのかもしれないけど、具合が悪いと、食べたり飲んだりは主に夜間。昼間は最低限度の行動で休んでいることが多くなる。

それでも、自分で食べて、ちゃんとウンチも出ている。


病院から帰って来て、ビタミンごはんを頑張ってモグモグするハルちん。
もうダメかと思った6

ハルちん、ホントによく頑張ったね。えらかったよ。

ゆっくり、少しずつ、元気になろうね。




スポンサーサイト

ハルちん@頑張り中♪ «  | BLOG TOP |  » モルモットの点滴と痙攣

プロフィール


梅♀

2010年12月生まれ

もん♂

2016年10月生まれ

ルル♂(実家モル) 
2011年1月生まれ



~虹の橋在住のお子たち~

ハル♂

2011年1月生まれ
2016年11月17日
     虹の橋にお引っ越し

しおん♀

2013年4月6日生まれ
2016年6月12日
     虹の橋にお引っ越し

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

『もるもっとのうた』 (1)
梅ちゃん (73)
ハルちん (137)
梅&ハル (33)
しおんちゃん (61)
梅&しおん (54)
梅ハルしおん (44)
ハル&しおん (5)
+ルルちん (20)
病気・通院 (2)
ハルちんの結石 (12)
梅ちゃんの軟便 (3)
モルモットハジラミ (1)
足の裏のモンダイ (3)
マイボーム腺炎 (5)
膀胱炎 (2)
しおんちゃんの血尿 (11)
抗生物質の副作用 (4)
結膜炎 (1)
膿瘍 (5)
白内障 (3)
梅ちゃんの血尿 (4)
しおんちゃんの闘病生活 (27)
乳腺手術(梅&ルル) (15)
うっ滞 (5)
健康診断 (21)
おうち (33)
部屋んぽ・別荘 (22)
ごはん (7)
ケア・お風呂 (12)
体重測定 (45)
チャッピーちゃん (1)
おともだち (21)
井の頭モルちゃん (4)
番外編 (3)
梅ちゃん&もんちゃん (3)
もんちゃん (24)
梅ちゃんの嚢胞 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。