FC2ブログ
2016/07/11

しおんちゃんの頑張った記録~①体質のこと

しおんちゃんが天国にお引っ越しして1ヶ月が経ちました。

息を引き取ったのは6月12日(日)の午前4時過ぎでしたが、

手術を受けた6月11日(土)の夜にはもう、

しおんちゃんは虹の橋を渡って行っちゃった気がします。

おともだちのもるーさんが、月命日に、お迎えに来てくれたんじゃないかな。

だから、しおんちゃんの命日、ホントは11日なのかな。


1ヶ月1

骨壺を入れてもらった袋が、お坊さんの服みたいな生地の赤白緑のキンキラ織で(--;

可愛かったしおんちゃんにちっとも似合わないから、お気に入りのハンカチで。

1ヶ月2

見送って3日間はしおんちゃん、ビックリするくらいリアルにウチにいて、

気配を感じるのが嬉しかったけどさびしくて、

ずっとしおんちゃんを近くに感じたくて気配に集中してました。

そしたら、ハルちんがまさかの血尿。そして、結石。

「ボクを見て!」と言われた気がしました。

しおんちゃんの気配に集中することをやめたら、

しおんちゃん、どこにいるのかわからなくなっちゃったけど、

ウチには帰って来てるみたい。

調子の悪いハルちんをおいて出かけなくちゃいけない時は、

しおんちゃんがいてくれるから大丈夫かなって感じます。



しおんちゃんの頑張った記録を少しずつ書き始めました。

リアルタイムで前に載せていて、重複してることもあるけど、

調子が悪くなると、元気な子の記事で気を紛したりしてたので、

備忘録として、時系列でまとめておこうと思います。

初回の今日は、しおんちゃんの体質について。



2013年夏(0歳)
しおんちゃん、赤ちゃんでお迎えした頃からすでに尿中カルシウムが多くておしっこが濃かった。
梅ハルと同じシャトルケージを使い始めて1ヶ月もしないうちに、2年半近く使ってきた梅ハルケージよりも尿石が付着してガビガビになっていたのを見て、この子、もしかしたら将来泌尿器に来るかもなぁ…と思ったことがあった。

おみやげ&格上げハウス11

モルモットがカルシウム尿を出すのは普通の事だけど、しおんちゃんの問題はその質。
一度、梅ちゃんとダブル血尿になって、同時に尿検査に出したことがあった。
遠心分離で沈殿したカルシウム結晶を比べてみると、梅ちゃんのは片栗粉でしおんちゃんのはお砂糖くらい、粒子の大きさに差があった。
この大きな粒子が絶えず膀胱の内壁を傷つけてしまうことが難治性の原因だったと思われる。

すとれすでち3

2014年7月(1歳3ヶ月)
初めての膀胱炎。
血尿というよりは、どこかに傷が出来て出血したのかと思ったくらいの鮮血。梅ちゃんの膀胱炎とはかなり様子が違っていた。
この後、膀胱炎を頻繁に繰り返すようになり、回を重ねるごとに治りにくくなる。

2015年6月(2歳2ヶ月)
血尿。細菌性の膀胱炎から不調が始まり、薬が効かず長引き、他の症状も併発してこじれてしまい、小康状態はあったものの、この後は2016年6月に旅立つまで完治することはなかった。





②につづくでち!
にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
にほんブログ村




スポンサーサイト